ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

手内剣の試技(10/29)

手内剣の試技(10/29) 

現在、試技中の手内剣はおよそ30種類。
その半分以上は江戸時代の古手内剣を使っている。
この日はまず極細五寸手内剣を打ってみる。

b0287744_19281875.jpg

黒河内兼規や徳川慶喜のような妙技を身につけるための登竜門。
至近の一間半からだと重ね打ちでも全中する。
敵の両眼を狙う試技をしているので、横に両眼の幅で並ぶように直角に的中するのが望ましい。
かなり的中するようになってきた。

次は八寸の平型棒手内剣。

b0287744_19294666.jpg

遠間からの反転打は容易に的中するが、二~三間の直打(「じきだ」ではなく、「ちょくだ」と読むのが正しい)では標的に直角に刺さらず、また横方向に反転してしまう。
この辺りは、丸、あるいは四角、六角、八角の手内剣なら問題にならないところである。

最後に試技をしたのは小刀型手内剣である。

b0287744_19302144.jpg

これが遠間からの直打ではもっともよく的中する手内剣である。
しかし、簡単に、高い確率で的中するのは武芸としてどうかと思うのである。
凡人には決して的中することのない、手内剣の「術」を自得してこそ真の武芸だと思う。





(完)
by japanbujutsu | 2016-10-31 17:10 | 手内剣探究 shunaiken

by japanbujutsu