ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

江戸時代の撃剣

江戸時代の撃剣

江戸時代の撃剣は今の剣道とはまったく異なっていた。

まずは足構え。
足巾が広く、腰を落とし、踵は絶対に上げない。

b0287744_20135827.jpg
剣術形の姿勢とまったく同じ姿勢で稽古する。
当然、打ち方の理合いも違ってくる。
だから膝を着いて、蹲踞の姿勢から胴を打つような技もあった。

b0287744_20204551.jpg
そしてまた、スポーツではないから短刀(小太刀)で戦うこともあった。

b0287744_20214232.jpg
剣道の試合を模倣した空手もまた同じであり、形と組手が乖離している。
上地流のように形と同じ動作で試合をするならいいが、シャモの喧嘩はいただけない。

※画像はすべて『柔術剣棒図解秘訣』より。




(つづく)

by japanbujutsu | 2017-02-20 17:05 | 技法研究の部屋 Skill

by japanbujutsu