ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

甲陽水月流手内剣の内 人剣・重ね打ち

甲陽水月流手内剣の内 人剣・重ね打ち

甲陽水月流手内剣のうち、人剣(五寸水月針剣)を 「眼留剣重ね打ち」 で打つ。
重ね打ちとは一度に二剣を打つ手段であり、これはこの人剣のみが可能な打ち方となる。
一打に集中すれば高い命中率を生み出せるが、実戦を考慮して間合い二間から連打で打ってみる。
とは言うものの、連打の場合は右手に二本を素早く取り上げるのもまた至難の業であり、これからの大きな課題でもある。
二剣の調整が困難を極めるため外しも多いが、二剣が同時に刺さるときの瞬間は爽快である。







(完)
by japanbujutsu | 2017-03-26 17:07 | 手内剣探究 shunaiken

by japanbujutsu