ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

カテゴリ:兵法二天一流 Nitenichi ryu( 11 )

村上派兵法天下一二天一流の歴史

二天一流の歴史については巷にいくらでも書籍があるのでそれらを参照されたい。ここでは当会が継承している村上派の流れを簡単に述べるに留める。

流祖宮本武蔵玄信から三代目の新免弁助信盛から二天一流は寺尾派と村上派に分かれた。両派とも現在に至るまで命脈を保っている。村上派はその後、野田家に相伝されたため、熊本では野田派と称している。

明治以降、熊本において、野田辰三郎種養の門下から加納軍次が傑出し、さらに鶴田三雄へと相伝された。
そして鶴田の門からは松永展幸が出て、全国の二刀流を組織化した。長野県の荒関富三郎師範は熊本まで通って二天一流の相伝を受けた。荒関師範は他にも五十嵐一隆から新免二刀流の皆伝を受けている。

b0287744_22251915.jpg
                         松永展幸に指導を受ける荒関師範


荒関師範は自ら新二天一流を編み出して、その宗家になり、武蔵会を組織した。平成の初め、荒関師範の門を叩いた会長は、二天一流・新免二刀流・新二天一流の三流儀を全て相伝した。その後、栃木県の中村氏が入門し、竹刀剣道二刀流の指導を受けている。

しかし、古流としての正真正銘の二天一流と新免二刀流の相伝を受けたのは荒関門下で会長のみである。

b0287744_21493366.jpg
                        荒関師範と会長による二天一流の稽古


平成六年に荒関の名で刊行された 『二刀流の習い方』 の実際の執筆者は会長である。


系譜

流祖 宮本武蔵玄信
二代 寺尾求馬助信之
三代 新免弁助信盛
四代 村上平内正雄
五代 村上平内正勝
b0287744_13593447.jpg六代 村上八郎右衛門正之
七代 野田三郎兵衛種信
八代 野田三郎兵衛種勝
九代 大塚庄八昭博
十代 大塚又助常清
十一代 野々村広之助永昌
十二代 井津野十内
十三代 野田三郎八種久
十四代 野田辰三郎種養
十五代 加納軍次
十六代 鶴田三雄(右写真)
十七代 松永展幸
十八代 荒関富三郎二刀斎
十九代 小佐野淳二天斎
二十代 無津呂弘之(兵庫)、山根章(兵庫) 

 平成二十八年現在、免許皆伝者二人

b0287744_22292524.jpg
                   兵法二天一流の免許皆伝書巻末の相伝者記載部分


b0287744_22231125.jpg
                  会長が保存している松永展幸自作の二天一流稽古用木刀


b0287744_22142196.jpg
             松代藩文武学校武道会主催の演武会で門下生山根氏と五方ノ形を打つ
by japanbujutsu | 2012-10-24 22:32 | 兵法二天一流 Nitenichi ryu

by japanbujutsu