ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

カテゴリ:武具の部屋 Arms( 82 )

和製短杖鎖分銅と中国の鉄鞭

和製短杖鎖分銅

b0287744_16485248.jpg

把部はもちろん木製で、短杖の先にねじれた鎖が付き、さらにその先に球形分銅が付く。
同じものはこれまで見たことがない。


中国の鉄鞭

b0287744_1649111.jpg

一方、中国の鉄鞭にはいろいろな種類があるが、紹介するものは全体が鉄製で、鎖は特殊な変形鎖を使い、分銅も細長い。

日本の武器と中国の武器は似ていてもそれぞれの国の特色がよく出ていて趣がある。
ただし、もちろんそれはアンティークに限る。

鎌術を見た場合、中国の鉤鏈刀や日本の鎖鎌は武術の道具としての姿を固持しているが、沖縄の二丁鎌はなぜあのような農具の鎌そのものになってしまったのだろうか。
隆起珊瑚礁の資源に乏しい小島ゆえに仕方のないことではあるが、もう少し改良の余地はあってもいいと思う。
中国から沖縄に伝わった武具・武器で質的・形態的に昇華したものは一つもない。






(完)
by japanbujutsu | 2017-08-19 17:34 | 武具の部屋 Arms
稀少捕縄

武具をほとんど扱っていない骨董屋にときどき一つだけポツンと武具が置いてあることがときどきある。
今回紹介する捕縄もその一つ。

筆者 「 (わざと) これ何ですか?」
主人 「わからないねぇ、でも銘があるよ」
筆者 「・・・いくらですか」
主人 「○○円」
筆者 「○△円になりませんか」
主人 「・・・じゃあ、それでいいよ」
何だか知らないものによく値段が付けられるものだ。

捕縄に真鍮分銅が付いている。

b0287744_21253223.jpg

「飛竜」 と銘が切ってある。
珍しい一品である。





(完)
 
by japanbujutsu | 2017-06-28 17:17 | 武具の部屋 Arms
本科の十手

現在、わが水月塾の会員諸氏の中には残念ながら武具に興味を持ち、蒐集している同好の人がいない。
武具にも興味をもっていれば、真贋の見分け方など、いろいろと教授してやることができるのだが。
武術が好きであるならば、武具にも興味を持って欲しいところではある。
武具は武術と同じほど奥の深い、味わいのある世界なのであるから。

さて、今回は本科の十手を見てみよう。
十手や鎖鎌には実に贋物が多い。
まず、十手の場合、鉄味を見ること。
これは経験がものを言う。
いわゆる 「だまされて覚える」 というやつ。
偽物を買わされたら、それは勉強代だと思え、とはよく言われること。
まさにそのとおりである。

和鉄の鍛えによる鉄物武具はきれいに黒錆が付く。
赤錆が付いても細かく、洗浄すればすぐに落ちる。
そして重要なのは鍵の接続部分。
溶接はアウト。
しっかりと穴を穿ち、鍵が棒身を貫通していること。
そして、その鍵が厚いこと。

b0287744_224954.jpg

房環が涌かし付けになっていること。
など、いくつかの注意点がある。

ここに紹介したものはやや長めで、房環はなく、柄尻が天正拵のように広がっている。
持ち手が十手から外れないための工夫である。

b0287744_22482129.jpg

何の変哲もないシンプルな一品であるが、鉄味は最高である。





(完)
by japanbujutsu | 2017-06-26 17:31 | 武具の部屋 Arms
柳剛流の木太刀 ②

かつては多くの流儀で使用されていた長大な木太刀。
いまではほとんど見ることができなくなってしまった。
甲源一刀流でもかつては長い木太刀を使っていたが、今では大分短くなっている。
一刀流系でも木太刀はほとんどが長大な木太刀を使っていたが、北辰一刀流では短くなっている。
講武所の影響なのだろうか。

さて、この四尺以上ある柳剛流の長大な木太刀。
これを短い木太刀と同じ速度で扱う口伝がある。
実際、ビュンビュンと打ち込むことができる。

流派のオリジナル木太刀がない流派が多いが、それでは古流として失格である。
武具は武技と同じくらい重要なのだから。

写真は柳剛流剣術における上段備。
松代藩文武学校剣術所にて。
b0287744_22182748.jpg






(完)
by japanbujutsu | 2017-05-31 17:08 | 武具の部屋 Arms
木刀の呼称

b0287744_15195480.jpg


木刀にはいろいろな呼び方があるが、概ね次の三つがよく用いられる。

1 木刀
2 木剣
3 木太刀

1の木刀は日本におけるもっとも一般的な呼び方。
2の木剣は欧米における一般的な呼び方。
3の木太刀は近世において普遍的に使用されていた呼び方で、研究書や論文においてはこの呼び方がもっとも相応しい。

さて、それではなぜ欧米では「木剣(ぼっけん)」などという用語が普及してしまったのだろうか。
筆者はどうしてもこの呼び方には馴染めない。
大体、ワープロで「ぼっけん」との入力しても、変換されない。
その辺りの指導も今後はしていかなければならないだろう。





(完)
by japanbujutsu | 2017-05-03 16:01 | 武具の部屋 Arms
古武器の収集

日本において古武器(骨董武術道具)を収集している武術家は非常に少ない。
これは残念でならない。
この趣味は外人に愛好している者が多いのだが、彼らが収集しているのは新物(あらもの=骨董用語で今出来の現代物)ばかりで、それらはまったく美術的・文化的価値はなく、それこそカネを捨てているようなものである。
それでも、それが彼らの宝物であるのだろうから好きなようにさせておけばいい。

しかし、不思議なのは日本の武術家たち。
古武道と現代武道の違いがわかるのなら、古武器と現代武器の違いもわかるはずなのであるが・・・
なぜ興味を示さないのだろう。
名和弓雄氏が他界後、彼のレベルで収集している人は、筆者の知る限り皆無である。
しかし、それに近い収集家は筆者を加えて数名いる。

古武道を修行している者が武具にも伝書にも興味を示さなかったら、もはや日本の伝統武術は崩壊するばかりである。
時代武具はすべて一点物であり、手作りの何とも言えない深い味わいがある。

同好の士が現れることを楽しみにしている。

b0287744_22545913.jpg
写真は筆者所蔵の武術具。すべて江戸期のもの。




(完)



by japanbujutsu | 2017-03-02 17:39 | 武具の部屋 Arms
手内剣の変身

中国製の5寸針手内剣を購入した。
なんじゃこれ???
before,

b0287744_17583459.jpg

and after.

b0287744_17591005.jpg

まあ、これで少しは使えそうだ。

※(実はかなり使い良いことが判明)



(完)

by japanbujutsu | 2017-02-28 17:39 | 武具の部屋 Arms
わが小学校時代の竹刀

保存してある武器・武具・稽古道具の中に今はもう不要ではあるが、棄てられない物がある。
小学校のときに剣道の稽古で使った竹刀二本。
よく棄てずに取っておいたものだ。

b0287744_20275927.jpg
上は小学校高学年時に使用した竹刀。
下は小学校低学年時に使用した竹刀。

b0287744_20283933.jpg
特に下のは軽い。
これを左手に持てば、今でも二刀流で戦えるかもしれない。




(完)

by japanbujutsu | 2017-02-26 17:22 | 武具の部屋 Arms
稽古道具は各自が所有するもの

武術(古武道)は技だけの狭い稽古事ではないことは何度も述べているとおりである。
それに関連して、道場に入門してある流儀を習っても、その流儀で使用する道具(武器・武具)を各自が調達しないのはどういうものだろうか。
つまり、師匠が用意するもので事足りようとするのである。
剣道場に通うのなら、竹刀と防具一式は自己調達するし、そろばん塾に入ったら自分のそろばんを用意するだろう。
しかし、武術の場合、居合では各自が居合刀を用意することは当然であるが、これが棒杖や薙刀、鎖鎌、十手など、当塾のようにいろいろな道具を使う場合、海外の会員も含めてほとんどの弟子はそれらを購入しようとしない。
その時点で興味関心が薄いことがわかり、流儀を継承する意志もないことがわかる。
まあ外人は「流儀」の意味をしっかりと理解できないから仕方ないかもしれないが、日本人はそれでは困る。
筆者は門人に武具の購入を強制するようなことはしないので、皆、刀以外の武具は持っていない。
今回もプラハの講習会では新免二刀流剣術を指導したが、技だけ習ってだれも流儀で使用する正式な大小木刀を筆者に注文しなかったのは誠に情けない。
その流儀のその術を学び、継続して稽古をする意志があるのなら、武具はすべて自前でそろえるべきである。
肝に銘じてほしい。

水月塾の日本柔術で使用する十手と鉄鎖

b0287744_20513790.jpg

by japanbujutsu | 2017-02-18 17:49 | 武具の部屋 Arms
妄想から生まれた技

ある武種について現存する流儀がない場合、考証や比較ができないために、その武術を復元しようとすると、とんでもない (あり得ない) 技が登場したりする。

鉄鎖。
現存流儀はほとんどなく、筆者の知る限りでは荒木流の僅かな形だけだと思われる。
あとは筆者が断片的に学んだ甲州陣屋伝の捕手術に含まれている鉄鎖だけだろうか。

b0287744_1340796.jpg

この武器は、原則として、離れている敵に対して、ブルース・リーのヌンチャクのように振り回すことはないし、ましてや分銅で敵の身体を打ち付けるなど言語道断なのである。
そして、鉄鎖には 「構え」 などというものはない。
構えた瞬間に敵に鉄鎖を持っていることを知らせているのであり、道具としての効果はそれだけで半減する。
ましてや、この道具を剥き出しで使うなど、古伝ではあり得ないことである。

復元・新作するのは構わないが、武術技法の普遍的な原則をよくよく研究、調査をしなければいけない。




(完)
by japanbujutsu | 2017-01-07 17:26 | 武具の部屋 Arms

by japanbujutsu