ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

カテゴリ:武術論考の部屋 Study( 243 )

大東流の真実史を語る

これだけさまざまな情報が飛び交い、また家に居ながらにしていくらでも情報が入手できる時代に、まだ大東流が江戸時代から伝えられてきたものだと主張している輩がいる。

酷い場合には新羅三郎義光を引き合いに出したりしていて、手が附けられない有様である。

大東流は武田惣角が案出した武術に違いなく、明治三十年以前の伝書は発見されていない

よって明治三十年頃に成立したこともほぼ間違いのないところである。

武田惣角の武術修行歴は直心影流や小野派一刀流など判明しているものがあるが、既存していた柔術の修行歴も確認されていない。

要するに武術の天才が創出した明治時代の新柔術なのである

伝書はあるが、古流の体裁を踏襲することはなく、形の解説に終始している。

古流独特の形の名称もない。第一條、第二條、第三條・・・・と羅列されているだけである。

b0287744_12412120.jpg


そして、伝書の最後に書かれている系図は武術の相伝系図ではなく、会津武田家の家系図を載せただけである。

b0287744_12413268.jpg


東京において嘉納治五郎が講道館柔道で脚光を浴びている中、旧会津藩の矜持から生まれたのであろう反骨精神により、天才の手によって講道館に対抗すべく柔術が完成したのである。

だからその大東流は当初、主として旧東北諸藩の、それもすでに武術の実力を持つ旧藩士や警察官に伝授している。

惣角に武術を学んだ者たちは元々他流の免許皆伝者であり、実力者であったから、短期間の講習でたちまち腕を上げていった。

技も腰技や足技を駆使する講道館柔道とはまったく対照的に、非力が大男に勝つための手業だけによる逆捕、逆投の斬新な内容だった。

これまで特定の人たちによって語られてきた、大東流の源流を会津藩御式内としたり、浅山一伝流だとしたりするのは何の根拠も物証もない捏造された妄説である。

なお、これに類する 「大東」 の文字を使った合気柔術諸派、武田流合気之術、あるいは 「武田」 の文字を使った合気系武術の諸派は全部、第二次世界大戦後に創作されて世に出てきた武術である

これからは世を欺く時代ではない。嘘はすぐにばれる。

筆者は創作武術が悪いとは言わない。

創作武術であるのにもかかわらず、その歴史を捏造するその行為が悪いと言っているのである。

創作された流派であってもその内容が素晴らしければ人は集まる。

創作は創作として、その武術の正しい成立過程を伝えていくべきではなかろうか。

嘘はいけない。
by japanbujutsu | 2013-08-03 17:54 | 武術論考の部屋 Study
役に立たない学校の刺又

江戸時代に国境警備や関所の警護、あるいは城や代官所などの門番たちが所持した長柄の捕物道具三種類 (袖搦、刺又、突棒) を総称して捕物三道具という。

武術として伝承されたものは数少ないが、各藩には必ず国境警備に当たる被差別民がいて、それらを指揮・統率する者がその流儀を相伝した。

三道具は犯罪の容疑者を取り押さえるための道具である。

これは非殺生性の道具ではあるが、容疑者が暴れると負傷するようにできており、その苦痛で抵抗する力を失ったところを捕らえるのである。

そのため先端部周辺は鉄板が補強に用いられ、強度を増した。

b0287744_20393790.jpg
       薩摩藩の国境警護に使われた刺又。丸に十文字の島津家家紋が鉄板に刻印されている。

また、ここを握り締めて抵抗しないよう、鋭い刺 (とげ) が生えている。

捕縛時には、複数の捕方がこれらの道具を持って、突いたり引き倒したりして、押さえつける。

さて、その三道具の一つ刺又が、学校における不審者対応のために職員室に置かれている。

置かれているだけで、多くの学校では教員がこれを実際に使えるようになるための講習を受けていない。

つまり、ただの邪魔な置物である。

学校に置かれている刺又には刺がない。しかも非常に華奢な作りである。

そして何よりもまず、女性教員はこれを使うことができない。絶対的に男に腕力が劣るからである。

男も非力な者には使えない。それなりに重量もあり、長いために操作法を学ばないとただ邪魔になるだけである。

そして何より、これは一人前の男でも実際に不審者をこの道具で取り押さえるのは至難の技である。

尖端に刺がないため、ここを握られて返されると、不審者の方が明らかに強い力を発揮できる構造になっていて、まったく役に立たないのである。

筆者は日本の棒術や台湾武術金鷹拳を学び、その使用法は充分に心得ているが、当然どこからも指導の要請などはない。金鷹拳を伝える振興社武術にはほとんど形の同じ武具がある。

頭でっかちのお役人が考える防犯対策にはろくなものがない。

無駄なモノにカネを使うのが、お役人の仕事のようである。
by japanbujutsu | 2013-07-28 20:41 | 武術論考の部屋 Study
形(かた)のない古武道???

とある道場でのこと。

「ここで教えているのは何ですか」 と問われ、 「古武道です」 と答える。

そして、さらに説明を聞いていると 「うちの武道には形がないんです」 という。

その言葉で、すでにそこで教えているのは古武道ではないことがわかる。

古武道には流儀があり、その流儀の本体は形の集合体なのである。

古武道は代々伝えられてきた形の習得を以てその流儀を継承していく。

日本文化にはすべて決められた所作、すなわち形が存在し、その形が絶対的な権威を持つ。

b0287744_21482124.jpg
                            関口流居合「篠露」の形

形がないのは古武道とは言えず、それは単なる格闘技に過ぎない。

技は個人の所産であり、それは感覚的才能によって身に付くものであり、弟子にまったく自分と同じ技を伝えることはできない。

技には決まりがないからどのようにも変化でき、どのように対処してもよい。

要は 「技が掛かればよい」 のである。

形は予め想定されている敵の攻撃に対して、予め決められている動作でそれを制することを習得する。

だから形と技は根本において、その存在意義がまったく異なるのである。

流儀、すなわち形は流祖からの預かりものだから、そのままの形(かたち)で次の世代に伝えていかなければいけない。

技は師匠と弟子で違っても構わない。

形は師匠と弟子が違ってはいけない。


こんな基本的なこともわからずに、それを古武道と言っているのだから驚く他はない。

だいたい、戦前の伝書もなく、戦前の演武記録もない、そして江戸時代にどこに伝承されていたのかもわからない古武道がどこの世界に存在しうるのだろう。

もう少し、日本人がまともな頭をもっていないと、世界の武術は支離滅裂になってしまう。

否、すでになってしまっているから、どうしようもない。

b0287744_2204359.jpg
                            関口流居合「恋剣」の形

形は古武道の本体であり、流儀における最重要の履修課程である。
by japanbujutsu | 2013-07-25 22:00 | 武術論考の部屋 Study
崩れ行く家元制度

もともと完全相伝である武術には家元・宗家制度は存在しないことはすでに述べた。

現在、宗家を名乗る人たちは、いずれも武術の相伝制度を理解していない人たちである。

そうした、武術の世界にあって、宗家(家元)制度を敷いていた例外的な流儀が二つあったこともすでに述べた。

その一つが森戸系浅山一伝流、もう一つが今回紹介する天神真楊流柔術で、ともに江戸に稽古場があった。

両流儀ともに主として諸藩から参勤交代で江戸に来る武士たちに教授していた。

だから、江戸の稽古場が諸藩の同流の者たちを統率できたのである。

茶の千家や華の池坊と同じである。

ところが浅山一伝流は幕藩体制の崩壊とともに家元制度が崩壊し、しばらくして流儀も絶えてしまった。

また、天神真楊流は明治以降も全国各地で指南されたが、すでに流祖磯又右衛門正足の生存中に家元制度が崩れている。

許しを門人に勝手に与えたことが磯家に発覚して、破門されている者もいる。

今回、紹介する伝授巻は安政三年(1856)の発行である。

b0287744_22323774.jpg


文久三年(1863)年に没した又右衛門はこの時にはまだ生存中である。

よって、この伝授巻は発行者の川渕長左衛門が家元に無断で発行したことがわかる。

今や宗家が乱立し、同じ流派の師範が全国にたくさんいて、皆独自に活動しているにもかかわらず、その流派の一部の師範だけが宗家を名乗るとは、いかにも機能を果たしていないことが明白である。
by japanbujutsu | 2013-07-11 22:33 | 武術論考の部屋 Study
馬術の神 「馬櫪尊神」

『北斎漫画』の馬術の項の最初に 「馬櫪尊神(馬櫪神・馬歴神)」 が描かれている。

b0287744_11231019.jpg


馬の守護神で、厩 (うまや) の神でもある。

馬を供養する石造物として全国各地にその文字塔を見ることができる。

両手に剣を持ち、両足で猿とセキレイを踏まえている像として描かれるとされるが、この絵では手が四本であり、セキレイと猿も手で捕まれている。

中国から伝播した神で、両剣で馬を守り、猿とセキレイがその使者。

セキレイは馬を刺す害虫であるブヨなどを食べてくれる。

馬の「午」は火を表し、猿の「申」は水を表していて、荒馬を鎮めるという意味や、火事から厩舎を守るという意味がある。

馬は、農耕だけでなく、武士にとっても重要だった。

猿は帝釈天の使者という説があり、中国では悪魔退散の意味から崇められていた。

さて、今回この像を採り上げたのは、そんな馬術の神としての存在ではない。

この神が残る両手に持っている剣、すなわち「小太刀二刀」である。

現存する武術では天道流と柳生心眼流が伝えており、筆者はその両方を学んだ。

柳生心眼流のそれは来歴がはっきりしないが、天道流では江戸期から相伝された歴史が明白である。

しかし、以前にも述べたとおり、小太刀(脇差)を二本差すという想定は存在しない。

武術の世界だけに存在する非現実的な想定である。

戦っている最中に敵の小太刀を奪って使う、などというとんでもない話を聞いたこともあるが、武士は他人の業物を奪って戦うような不作法なことはしない。

宮本武蔵が二刀使いの嚆矢であるなどという説は、武術史を知らぬ者の言であるから無視するが、このような民間信仰の中にも両剣思想があるのであり、また中国の信仰とその我が国への移入なども総合的に視野に入れて考察を進める必要がある。

倉魔(鞍馬)流剣術の絵目録に『北斎漫画』に描かれている馬櫪尊神と同じ構えをした烏天狗が描かれていて興味深い。

b0287744_11233023.jpg

by japanbujutsu | 2013-06-30 11:24 | 武術論考の部屋 Study
日本における武道の誤り

中学校における武道必修化には大反対である旨、すでに述べた。

中学校の体育で柔道や剣道をやっても、高校へ入って柔道部や剣道部へ入る生徒がほとんどいないのは武道にまったく魅力を感じないからである。

それどころか、多くの生徒は二度とこんなことはやりたくない、とそう思っている。

さて、市中にある個人経営の道場ではどうか。

そこへ通ってくる者はほとんど子ども。

大人は指導者だけ。

しかも親が子どもの送り迎えをしている。

やりたいのは本人ではない。

親がやらせているだけなのである。

礼儀や躾はサッカーや野球だって教えることはできる。

では武道が武道たる所以は何なのか。

それは目先の大会に勝つことばかりを考えている今の柔道や剣道からはほど遠い世界にある。

まず、高校や大学へ行っても柔道や剣道を続けていなければ、武道の本質は語れない。

そして、仕事をもってからも続けて、初めて武道の本質が見えてくる。

しかし、今の日本人はそんなことをしない。

目先の楽しみと利益に直結しないようなことを、大人が好きこのんでするわけがない。

なんでも即席でなければ飛びつかない。

日本人の多くは第二次世界大戦後、「修行」という言葉を実践できない民族になってしまった。

長い修行を通して、精神生活を高揚し、自己の内面を問うような場を避けている。

どこの道場でもほとんどの場合、十年経てば、門人は総入れ替えである。

今の日本に武道を普及させる土壌はまったく存在しない。

誠に残念であるが、これが現実である。
by japanbujutsu | 2013-06-24 22:55 | 武術論考の部屋 Study
柔道の創始者は嘉納治五郎ではない!

柔道とほとんど同質の乱取りは、すでに江戸中期には行われていた。

嘉納治五郎が創始したのは 「講道館」 であって、 「柔道」 ではない。

確かに技の整備はしたであろうが、これをもって創始者と崇めるのはとんでもない誤認である。

すでに幕末には東北地方を除いて全国的に柔術における乱取り試合が各藩で友好的に行われていたことは様々な資料に見られるところである。

以下に『武術絵巻』より、江戸時代の柔術の乱取りの様子を描いた三点を紹介する。

b0287744_19592695.jpg

b0287744_19593974.jpg

b0287744_19595180.jpg


最初が 「一本背負い」
次が 「巴投げ」
最後が 「十字締め」

その稽古着も乱取りでは袴を取り除いた講道館初期の姿と全く同じである。

現今の柔道着は袖も裾も長くなりすぎであるが、本来は肘も膝も出るのが正しく、そのために昔と今では技法も異なっている。

乱取り用の稽古帯も江戸時代にはすでに存在しており、嘉納が定めたのは色による階級制度だけである。しかも有段者の色を「黒」としたのは完全に近代の思想である。

古今東西、黒は「悪の色」として認識されているのは周知の通りである。

古来、日本人の色彩感では白と紫が最高位である。

武道・武術の正しい歴史認識は江戸時代の一級資料を用いてなされなければいけない。
by japanbujutsu | 2013-06-19 20:05 | 武術論考の部屋 Study
大誤解!琉球古武道の定義

「古武道(古武術)」という言葉は明治時代にすでに大日本武徳会によって使用されていた。

江戸時代から伝承している流儀武術を明治以降に台頭した競技武道(柔道・剣道・薙刀)と区別するために登場した造語である。

その後、大正時代に沖縄から日本へ空手が入り、戦後、大学を中心として急速に普及していく。

例外を除いて、ほとんどの場合、大学には徒手空手だけが普及した。

徒手空手と武器術は本土にほぼ同時に入ってきたが、武器術は主として空手を武術として修行している人たちに普及した。

そして、その武器術が昭和のある時に、「琉球古武道」として紹介された。

これがそもそもの誤りの発端。

武器を使うから古武道、などという考え方はどこにも存在しない (この定義によると、本土でも丸腰の柔術は古武道ではなくなってしまう) 。

存在しないどころかそれは大きな誤りである。

理由は簡単で、徒手空手も武器術も、本来は同時発生のはずであり、この両者に新古の区別は存在しないからである。

あえてどちらが古いかと言えば、武器は手の延長であるから、徒手空手の延長上に武器術があるはずであり、徒手空手の方が古いはずである。

だから、徒手空手の形がしっかりできていれば、武器術を習得するのはそんなに難しいことではない。

それでは、これをどのように分類・表現すればいいのだろうか。

正しい史観に立てば、琉球武術の中に徒手と武器が存在するのである。

空手の中に徒手と武器があると考えてもいい。

空手も元来は総合武術であるわけだから、武器術だけを「古武道」として分類するのは大きな誤りである。

その世界のパイオニアが間違った認識で普及してしまうと、世界中がそれに倣え、となってしまうから軌道修正ができない。

たとえ、少数派であろうが、正しいことは正しいとして、ことあるごとに啓蒙を続けていく必要がある。
by japanbujutsu | 2013-06-09 13:11 | 武術論考の部屋 Study
諱と号の話し

武術を相伝すると師匠から諱を与えられる。
近世武家社会で使われた諱は死後の名前のことではなく、本名とは別のいわゆる武名というもので、師匠の一文字をいただいて新たに付ける場合や、家系や流儀によって一文字が決まっていたりする。
したがって他家の者が相伝し、その者が最初から自分の家の諱を持っていれば、新たに諱を名乗ることはない。
竹内流では代々竹内家の諱に用いる「久」の文字を相伝するが、力信流のように他家に相伝されても、相伝者の諱にはすべて「光」の文字を使用することが定められているような例もある。
だから竹内流の場合、たとえば竹内藤八郎久直から相伝した吉里呑敵斎は他家の者だから「久」の字を使わずに「信武」と称している。
その代わり彼は竹内流を絶伝から救った功労者なので竹内家の「藤」の字を襲名して藤右衛門を名乗っている。

そして、この吉里が名乗った「呑敵斎」。

b0287744_21255210.jpg


これが号である。
竹内流では号を名乗らないから、これは吉里自らが名乗ったものである。
敵を呑むとはすごい号である。
号でもっともよく使われるのが「○○斎」、次が「○○軒」。
あるいは「○○堂」もあり、屋号のようでもある。
この号というのは相伝するものではなく、一代限りで使用するのが古来からの習わしである。
by japanbujutsu | 2013-06-02 21:30 | 武術論考の部屋 Study
中学校武道必修は早急に撤廃せよ!

日本武道館が運営する「中学校武道必修化サイト」には、次のように書いてある。

中学校武道必修化の概要
平成20年3月改訂の中学校学習指導要領に、第1、第2学年の保健体育で武道が必修になることが明記され、平成24年度から完全実施されました。それまで、中学校の保健体育で、武道の領域は学年ごとに選択となっていましたが、この改訂により、男女共に全ての中学生が第1、第2学年において武道を学ぶことになりました。第3学年は、引き続き選択となります。

中学校保健体育で武道が必修となった経緯
平成18年12月に約60年ぶりに改正された教育基本法では、教育の目標として「伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと」が新たに規定されました。その後、平成20年1月の中央教育審議会答申の中で、「学習体験のないまま領域を選択しているのではないか」との指摘と、「武道については、その学習を通じて我が国固有の伝統と文化に、より一層触れることができるよう指導の在り方を改善」することが示されました。これを受け、新学習指導要領では武道を含めたすべての領域が必修となり、武道が「伝統と文化を尊重し……」と謳う改正教育基本法の教育の目標を実現する役割を担うことになりました。

とある。ここでいう「武道」でもっとも採用されているのが練習に一番カネがかからず、道着だけ着用すればすぐに練習ができる柔道であり、よってここでも柔道について論究する。
 (※本来の武道(武術)には「道着」なる用語はなく、「稽古着」といい、また「練習」とは言わず、「稽古」というが、今の現代武道は完全にスポーツなので、ここでもあえて道着、練習という用語を使用した。)

この文章を起草した人間は武道を本当に楽しいと思っているのだろうか。そして、武道をが本当に日本の伝統と文化を表象していると思っているのだろうか。

筆者は東大卒の頭でっかちの役人さんが考えていることなど毛頭納得するつもりはない。

武道が、柔道が、本当に素晴らしく、本当に楽しく、本当に日本の伝統文化を体験できるものだとしたら、中学校で柔道を学んだ生徒がなぜ、高校で柔道部に入部しないのだろうか。

結論から言えば、文部科学省が言う「武道」は「真の武道」ではなく、完全なスポーツであり、しかも身体が大きい者が絶対的に有利な競技である。武道が護身術に有用であるとしたら、身体の大小で強弱が決まるのは誠以て不合理である。

直接、身体と身体が接触する柔道はすべてルールに固められ、弱者が強者に勝つ機会は極めて少ない。体力に劣る者が同じ持ち駒で戦って大きい者に勝てるはずがない。もし、受身だけ教えて試合をさせないのだとしたら、それは柔道ではなく「受身道」である。

試合は競技者双方が同じ条件で戦うのが鉄則である。すでに体力で差があり、一週間にただの何時間かの練習で技もろくに身に付かず、そんな状態で試合をして、果たして体力が無く、闘争心の稀釈な生徒が柔道を好きになるのだろうか。

着物に袴をつけた武士の正装は、まさしく日本古来の伝統ある衣装である。剣道も弓道も薙刀も全部袴を着用している。柔道だけが袴を着けない。現在の柔道着スタイルは武士の正装から羽織り・紋付き着物・袴を取り去った、襦袢と股式だけの「誠にはしたない格好」である。
 (※空手は大正時代に沖縄から本土に入り、昭和三十年代以降大学を中心として普及した後進武道である。現在見られる空手着は柔道着を模して作られた)

裸に柔道着、夏は悪臭が漂い、冬は裸足で鳥肌が立つ。こんな柔道のどこに教育的効果を期待しているのだろうか。こんなものの何を以て「国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと」ができるというのだ。

今や外国で一番人気のない武道が柔道と剣道。それを文部科学省のお役人さんたちは知っているのだろうか。知っているはずはない。知っていたら、必修化などというバカなことはしないはず。

日本の本当の伝統武術は、柔術でも剣術でもしっかりと袴を着用し、形の修行を通してしっかりと技術を身につけさせる。試合は絶対にしない。してはいけない。その代わり学んだ形が完全に身に付くまで何度も何度も同じ形の履修を繰り返す。そして早くても十年、ようやく技術が身に付くのである。それが本来の武道の在り方である。

所詮、体育の一環である授業で武道を教えるのは無理。以前の柔道の授業のようにただルールを教えて乱取りをさせる。こんなことで生徒が武道に興味を持つことができるはずはない。

無知な保護者が子どもに礼儀を身につけさせるために、町道場へ送り迎えをして通わせているが、今の武道で礼儀を正しく学ばせることははっきり言ってあまり期待できない。

サッカーや野球だって充分に礼儀を教えることはできる。

以上、簡単に柔道が教育にふさわしくない理由をいくつか述べた。
武道の必修に強く反対する。


中学、高校における柔道事故の死亡者は1983年から2010年の28年間で実に114名にも上る。(名古屋大学大学院:内田良準教授の資料より)
年平均4人以上の死亡者を出すこの数字は、他のスポーツに比べても、突出して高い数字である。

by japanbujutsu | 2013-05-18 17:21 | 武術論考の部屋 Study

by japanbujutsu