ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

天道流武術の歴史

まず、流儀名の「天道流」であるが、これは「てんとうりゅう」と読む。学識の欠ける者がこれを「てんどうりゅう」と読み、いつからか、なぎなた連盟の重鎮や師範家である美田村家までこれを受け入れてしまったのは、どういうわけだろう。まったく理解に苦しむ。「お天道様」を「おてんどうさま」と読むのだろうか。

天はすなわち神である。だから天道と神道は同じ意味をなす。神道は「しんとう」と読み、「しんどう」とは読まない。だから天道もまた「てんとう」と読む。

このことについて、戦前に修行をした会長の恩師阿部豊子先生は、はっきりと「てんとうりゅう」と発言していたし、阿部先生の門人で、現在、日本のなぎなた界でトップに立つ福岡の砂川碧師範もはっきりと「てんとうりゅう」と読むのが正しい、と会長に教示している。

さて、天道流は塚原卜伝の新当流から斎藤判官伝鬼房が起こした総合武術である。江戸時代中期から下河原家が相伝して幕末に至り、明治期からは美田村家が相伝した。この流儀は剣と薙刀に優れていたため、明治期には女子武道として採用され、その後、競技化して全国に普及した。したがって、現在この流儀を純粋な古流として稽古をしている道場は極めて少ない。

会長は、天道流を西垣きん師範から皆伝を受けた阿部豊子先生に学んだ。先生は晩年、和歌山県橋本市にお住まいだったため、山梨から和歌山まで通った。会長は当時すでに穴澤流薙刀の相伝を受けていたため、天道流は薙刀以外の武種である剣・小太刀・二刀・短刀・杖・鎖鎌を学び、すべて相伝した。

b0287744_20262954.jpg
                       会長に鎖鎌の操法を示す阿部豊子先生



系譜

b0287744_12195912.gif開祖 斎藤判官伝鬼房(右画像
二代 斎藤法玄
三代 斎藤牛之助
四代 日夏喜左衛門重能
五代 加古利兵衛正真
六代 村上権左衛門
七代 日夏弥助能忠
八代 下河原新内恭長
九代 下河原新内一長
十代 下河原新内一致
十一代 下河原辨辯一行
十二代 下河原唯六一弘
十三代 下河原洗一霍
十四代 美田村顯教
十五代 美田村千代
十六代 西垣きん
十七代 阿部豊子
十八代 小佐野淳

b0287744_2025575.jpg
                            薙刀を構える阿部先生


阿部豊子先生は、昭和戦前の最強柔道家阿部謙四郎の姉である。

b0287744_202472.jpg
                     阿部先生から会長に授けられた免許皆伝の奥書部分


b0287744_20272956.jpg
                      阿部先生が筆録された天道流武術の形解説書
by japanbujutsu | 2012-10-31 20:27 | 天道流武術 Tentô ryu
仙台藩伝浅山一伝流柔術の歴史
b0287744_1944162.jpg
浅山一伝流は江戸初期の武術家浅山一伝斎(右肖像画)によって開創された総合武術で、全国諸藩に伝播した江戸期最大の流儀である。その歴史については『武術浅山一伝流』(会長著:愛隆堂)に詳しい。

仙台藩には幕末の剣豪相沢永長斎(一名岡田城松)によって藩領桃生郡永井村に伝えられた。相沢永長斎以前の系譜については不明な点が多く、考証ができない。永長斎は小野派一刀流を二本松藩で学んでこれを極め、幕末仙台藩最強の剣士と謳われた。

浅山一伝流は佐藤治郎右衛門と養子の源五郎が相伝したが、源五郎の伝は改変されて手数が少なくなっている。源五郎の子清蔵は達人で、彼の掲げた奉納額が永井の八雲神社に現存する。

b0287744_20244728.jpg
                     佐藤治郎右衛門が門人に差し出した免許皆伝書



会長の師匠佐藤泰師範は清蔵の高弟諸氏から厳しく鍛えられ、昭和の末年に会長が入門したときには村で唯一人の免許皆伝者だった。佐藤師範に教伝を受けた者は多いが、免許皆伝を受けたのは会長唯一人である。


b0287744_1441816.jpg
b0287744_21342180.jpg
b0287744_2205655.jpg
                             佐藤泰師範と稽古(1984)


b0287744_20254194.jpg
b0287744_20505423.jpg
                           佐藤師範に形の検証を受ける


b0287744_2323758.jpg
                               門人と稽古(1984)


奇抜でアクロバティックな技法故、習得が極めて難しく、会長から免許皆伝を受けた者は平成28年現在において皆無である。


系譜

流祖 浅山一伝斎
二代 浅山清賢
三代 守野入道
四代 赤山大膳
五代 安辺久保次郎定吉
六代 浅山大膳定一
七代 相沢永長斎直房
八代 相沢源五郎直光
九代 相沢清蔵直義
十代 相沢力雄
十一代 佐藤泰
十二代 小佐野淳

b0287744_14512100.jpg
                       佐藤師範から会長に授けられた免許皆伝状    
by japanbujutsu | 2012-10-30 16:57 | 浅山一伝流柔術 Asayama ryu
渋川一流略史

柔術渋川一流は広島県の坂に幕末から伝承された柔術を主体にする総合武術である。
b0287744_16572144.jpg
広島藩士宮崎儀右衛門は藩領で難波一甫真伝流を学んだ後、江戸へ出て渋川流四代目の渋川伴五郎時英に師事して渋川流柔術を極めた。その後、宮崎は坂で「渋川流柔術」を指南するが、その内容に全く渋川流は採用されていない。流儀名だけ踏襲して内容は難波一甫真伝流の柔術と四国で相伝を受けた浅山流の諸術(棒・三尺棒・小棒・三道具・居合・捕縄・分童・十手)を混成して教えた(宮崎が師事した浅山流の師匠の名は不詳である)。高弟に首藤蔵之進満時(右写真宮田多四郎国時がある。したがって、渋川一流の実質的な開祖は宮崎儀右衛門である。

首藤蔵之進は浅山流の棒術に優れ、松山藩の指南役を務めた。首藤は宮崎から天保9年に相伝した渋川流を「渋川一流」と改名した。

b0287744_172098.jpg
                      天保9年、宮崎から首藤に授けられた伝授巻


「○○一流」というのは中国・九州地方特有の命名慣習 であり、宮本武蔵の二天一流、広島の難波一甫真伝真得一流、長州藩の専当一身一流柔術、福岡・熊本の扱心一流など皆、その例である。渋川一流は渋川流と浅山一伝流の「一」を合わせたことにより命名されたという説を唱える人もいるが、これは誤りで、宮崎と首藤が学んだのは「浅山流」であって、浅山一伝流ではない。慣習によって渋川一流としただけのことである。

また、浅山流の居合は明治以降、首藤が「時代にそぐわない」という理由で伝授を廃止したため、失伝した。

明治期に首藤から相伝を受けた者は皆、道場を構えて指南したため、坂町の男子は皆、渋川一流を稽古した。

b0287744_1761693.jpg
         明治28年、首藤の門人川野幸八によって坂の八幡神社に掲げられた奉納額


しかし、昭和三十年代を境にして急速に衰え、会長が昭和六十一年に坂町を訪れたときには、役場の教育委員会でさえ「渋川一流は絶えました」と返事をするほどで、当時、広島で稽古をする者は皆無であった。

会長は入念な調査により、谷田朝雄師範を探し当て、教授を請い、山梨から通って指南免許を許され、山梨で稽古を続けた。その後、谷田師範が病身となられたことにより、師範の紹介で畝重實師範にも師事し、畝師範からも相伝を受けた。その後、若干の人が畝師範に入門して、今は畝伝が広島で稽古されている。

b0287744_17162374.jpg
                 会長が授けられた伝授巻の相伝者が記載された部分


谷田伝の相伝を受けたのは会長一人のみであり(谷田師範からの唯授一人の証明書あり)、国際水月塾武術協会では谷田伝を稽古している。今ではドイツやルーマニアでも稽古をする者ができた。

b0287744_20391617.jpg
b0287744_20393751.jpg
b0287744_2040255.jpg
b0287744_20405327.jpg
                           谷田師範と会長の稽古


系譜

初代 宮崎儀右衛門満義
二代 首藤蔵之進満時
三代 宮田友吉国嗣
    小末繁太郎国時
四代 谷田重一嗣時
五代 谷田朝雄時信
六代 小佐野淳信常

b0287744_1742387.jpg
                           宮田友吉・玉吉兄弟、共に達人


b0287744_1533781.jpg
                   谷田重一とその門下生(1939年、谷田朝雄師範撮影)


b0287744_2115050.jpg
    谷田重一師範の門人で唯一健在の久保歳之師範からドイツの門人とともに指導を受ける(平成22年)

b0287744_20424162.jpg
                             畝重實師範と稽古
by japanbujutsu | 2012-10-29 21:06 | 渋川一流柔術 Shibukawa
   国際水月塾武術協会

b0287744_21213786.jpg

小佐野淳 ( おさの・じゅん )

山梨県富士吉田市出身。

学生時代に全日本中国拳法連盟茅ヶ崎支部で中国武術と古流柔術を学ぶ。

1982年 古武道指南所水月塾設立。

水月塾で指導の傍ら旧藩各地に伝承する武術を修行。

1986年 日本総合武道研究所設立、日本武芸新聞 『 水月 』 創刊 ( 現在まで継続 )

国際武道院公認指導員・評議員・審議員・広報部長を歴任。


伝承流儀

◆大和道、武田流合気之術、大東流合気柔術、本体九鬼神流棒術、天心古流拳法捕手術、天神真楊流柔術、荒木新流柔術、柳生心眼流兵術、大倉伝浅山一伝流体術、影山流抜剣、金鷹拳、太極拳、形意拳、八卦掌を神奈川県の西郡多喜雄師範に学ぶ。
◆台湾彰化金鷹拳を陳炎順総教練他に学び日本総教練認可。
◆八戸藩伝神道無念流立居合を八戸市の小瀬川充師範に学び相伝。
◆新庄藩伝穴澤流薙刀を埼玉県の五十嵐きぬ師範に学び相伝。
◆力信流武術(棒・剣・居合)を静岡県の美和靖之師範に学び允許。
◆仙台藩伝浅山一伝流柔術を宮城県の佐藤泰師範に学び免許皆伝。
◆渋川一流柔術、浅山一流棒術を谷田朝雄・畝重実師範に学び上極意免許皆伝。
◆柳生心眼流兵術を宮城県の奥山清太郎、遠山国男師範に学び指南免許。
◆天道流武術(太刀、小太刀、短刀、二刀、杖、鎖鎌)を和歌山県の阿部豊子師範に学び免許。
◆兵法天下一二天一流、新免二刀流剣術を長野県の荒関富三郎師範に学び免許皆伝。
◆中澤流護身術を東京都の中澤好夫師範に学び免許皆伝。
◆仙台藩角田伝柳剛流兵法を宮城県の佐藤正敏師範に学び免許皆伝。
◆柴真揚流柔術を香川県の町川清師範に学ぶ。
◆柳生志限流柔拳法を岩手県の宮本鶴松師範に学ぶ。
◆関口流抜刀術を静岡県の萱間志津子師範に学ぶ。
◆その他今川流棒術、警視流居合、荒木流抜剣、村岡兼流棒術を学ぶ。

年譜

1990年 国際武道院古武道教士 ( 教士最年少記録 )
1991年 国際武道院日本柔術教士
1992年 国際武道院より武道功労賞を受ける ( 最年少記録 )
1993年 国際武道院よりアメリカ合衆国アンアーバー市へ派遣され、古武道を指導。
1995年 国際武道院日本柔術七段 ( 七段最年少記録 )
1997年 国際武道院よりハンガリー・ドイツへ派遣され、日本柔術を指導
1999年 国際武道院古武道七段
       水月塾ドイツ支部セミナー
2000年 水月塾ドイツ支部セミナー
2001年 水月塾ドイツ支部セミナー

2002年 国際武道院を脱退して、国際水月塾武術協会 ( International Suigetsujuku Bujutsu Association=略称I.S.B.A. ) を設立。最高師範及び会長に就任。ドイツ支部セミナー開催。

2004年 ドイツ支部・ハンガリー支部セミナー
2005年 ドイツ支部・ハンガリー支部セミナー
2007年 ドイツ・ギーシェンにおいて柳生心眼流兵術セミナーを開催
2008年 ハンガリー支部セミナー
       台湾彰化縣国術会より彰化金鷹拳の日本総教練認定を受ける
2009年 ベルリン支部セミナー
2010年 ハンガリー支部およびドイツ・エムデンにおいてセミナー開催
2011年 ルーマニア支部セミナー(2回)
2012年 ベルリンにおいて水月塾設立30周年、ISBA設立10周年記念大会を開催
       ルーマニア支部セミナー
2013年 ハンガリー・ブダペスト支部セミナー
       ルーマニア支部セミナー
2014年 ドイツ・クローナハ支部セミナー
2015年 ルーマニア支部セミナー(2回)
       ベルリン支部セミナー
2016年 ハンガリー・ブダペスト支部セミナー
2017年 チェコ支部セミナー 

現在は、松代藩文武学校武道会理事を務める以外は一切の団体に加盟していない。


b0287744_23573451.jpg
                      ハンガリー支部講習会・昇段審査会 ( 2008 )


b0287744_216712.jpg
        松代眞田家14代当主眞田幸俊名誉会長をお迎えしての御前上覧演武記念 ( 2010 )


b0287744_23394533.jpg
          水月塾設立30周年、ISBA設立10周年記念大会演武者一同 ( 2012 ベルリン )


b0287744_2030511.jpg
                        ルーマニア支部セミナー (2012 )


b0287744_18192597.jpg
                      ハンガリー・ブダペスト支部セミナー(2013)



b0287744_19314317.jpg
                松代文武学校武道会 第16回秋の武術武芸会(2013.10.26)



b0287744_1746518.jpg
                           ルーマニア支部セミナー(2013)



b0287744_1437583.jpg
                        ドイツ・クローナハ支部セミナー(2014夏)




b0287744_19524716.jpg
                    松代藩文武学校武道会春の演武会>(2015.5.31)



b0287744_1825030.jpg
                         ルーマニア支部セミナー(2015夏)



b0287744_1871365.jpg
                         ベルリン支部セミナー(2015夏)



b0287744_21393817.jpg
                        ハンガリー支部セミナー(2016夏)


b0287744_21413269.jpg
                          チェコ支部セミナー(2017冬)
b0287744_14533513.png


武術関係の著作
b0287744_20395977.jpg
『 仙台藩武術家英名録 』 1980 自刊
『 武豪相沢永長斎直房 』 1986 自刊
『 日本柔術当身拳法 』 1988 ( 愛隆堂 )
『 日本伝統武術真諦 』 1989 ( 愛隆堂 )
『 武術浅山一伝流 』 1990 ( 愛隆堂 )
『 柳生心眼流兵術 』 1991 ( 愛隆堂 )
『 渋川流柔術 』 1993 ( 愛隆堂 )
『 図説日本武芸文化概論 』 1994 ( 壮神社 )
『 別冊水月 』 1998  自刊
『 古流武芸帖 』 2001 ( 愛隆堂 )
『 図説柔術 』 2001 ( 新紀元社 )
『 近世やわら達人伝 』  2003 ( 壮神社 )
『 図説武術事典 』 2003 ( 新紀元社 )
『 図説武器術 』 2007 ( 新紀元社 )
『 金鷹拳 』 2007 ( 新紀元社 )
『 図解中国武術 』 2009 ( 新紀元社 )
その他、『 伝書集 』 多数を自刊している。

武術関係以外の著作

『 富士北麓幕末偉人伝 』 1995 ( 山梨日日新聞社出版局 )
『 富士北麓の草相撲と力士たち 』 2000 ( 自刊 )
『 ドイツはビールだけじゃない! 』 2012 ( 明窓出版 )


b0287744_14535867.png

◆本会への問い合わせは郵便にて下記へお願いします
403-0013
山梨県富士吉田市緑ヶ丘2-7-2
国際水月塾武術協会本部
小佐野 淳

Inquiry to the association
Jun Osano
2-7-2 Midorigaoka Fujiyoshida-city
Yamanashi-pref.
Japan


       ※このブログに掲載されている一切の文章・画像の転載を厳禁します。
by japanbujutsu | 2012-10-28 21:21 | 最高師範 Grandmaster
村上派兵法天下一二天一流の歴史

二天一流の歴史については巷にいくらでも書籍があるのでそれらを参照されたい。ここでは当会が継承している村上派の流れを簡単に述べるに留める。

流祖宮本武蔵玄信から三代目の新免弁助信盛から二天一流は寺尾派と村上派に分かれた。両派とも現在に至るまで命脈を保っている。村上派はその後、野田家に相伝されたため、熊本では野田派と称している。

明治以降、熊本において、野田辰三郎種養の門下から加納軍次が傑出し、さらに鶴田三雄へと相伝された。
そして鶴田の門からは松永展幸が出て、全国の二刀流を組織化した。長野県の荒関富三郎師範は熊本まで通って二天一流の相伝を受けた。荒関師範は他にも五十嵐一隆から新免二刀流の皆伝を受けている。

b0287744_22251915.jpg
                         松永展幸に指導を受ける荒関師範


荒関師範は自ら新二天一流を編み出して、その宗家になり、武蔵会を組織した。平成の初め、荒関師範の門を叩いた会長は、二天一流・新免二刀流・新二天一流の三流儀を全て相伝した。その後、栃木県の中村氏が入門し、竹刀剣道二刀流の指導を受けている。

しかし、古流としての正真正銘の二天一流と新免二刀流の相伝を受けたのは荒関門下で会長のみである。

b0287744_21493366.jpg
                        荒関師範と会長による二天一流の稽古


平成六年に荒関の名で刊行された 『二刀流の習い方』 の実際の執筆者は会長である。


系譜

流祖 宮本武蔵玄信
二代 寺尾求馬助信之
三代 新免弁助信盛
四代 村上平内正雄
五代 村上平内正勝
b0287744_13593447.jpg六代 村上八郎右衛門正之
七代 野田三郎兵衛種信
八代 野田三郎兵衛種勝
九代 大塚庄八昭博
十代 大塚又助常清
十一代 野々村広之助永昌
十二代 井津野十内
十三代 野田三郎八種久
十四代 野田辰三郎種養
十五代 加納軍次
十六代 鶴田三雄(右写真)
十七代 松永展幸
十八代 荒関富三郎二刀斎
十九代 小佐野淳二天斎
二十代 無津呂弘之(兵庫)、山根章(兵庫) 

 平成二十八年現在、免許皆伝者二人

b0287744_22292524.jpg
                   兵法二天一流の免許皆伝書巻末の相伝者記載部分


b0287744_22231125.jpg
                  会長が保存している松永展幸自作の二天一流稽古用木刀


b0287744_22142196.jpg
             松代藩文武学校武道会主催の演武会で門下生山根氏と五方ノ形を打つ
by japanbujutsu | 2012-10-24 22:32 | 兵法二天一流 Nitenichi ryu

by japanbujutsu