ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

<   2013年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

馬術の神 「馬櫪尊神」

『北斎漫画』の馬術の項の最初に 「馬櫪尊神(馬櫪神・馬歴神)」 が描かれている。

b0287744_11231019.jpg


馬の守護神で、厩 (うまや) の神でもある。

馬を供養する石造物として全国各地にその文字塔を見ることができる。

両手に剣を持ち、両足で猿とセキレイを踏まえている像として描かれるとされるが、この絵では手が四本であり、セキレイと猿も手で捕まれている。

中国から伝播した神で、両剣で馬を守り、猿とセキレイがその使者。

セキレイは馬を刺す害虫であるブヨなどを食べてくれる。

馬の「午」は火を表し、猿の「申」は水を表していて、荒馬を鎮めるという意味や、火事から厩舎を守るという意味がある。

馬は、農耕だけでなく、武士にとっても重要だった。

猿は帝釈天の使者という説があり、中国では悪魔退散の意味から崇められていた。

さて、今回この像を採り上げたのは、そんな馬術の神としての存在ではない。

この神が残る両手に持っている剣、すなわち「小太刀二刀」である。

現存する武術では天道流と柳生心眼流が伝えており、筆者はその両方を学んだ。

柳生心眼流のそれは来歴がはっきりしないが、天道流では江戸期から相伝された歴史が明白である。

しかし、以前にも述べたとおり、小太刀(脇差)を二本差すという想定は存在しない。

武術の世界だけに存在する非現実的な想定である。

戦っている最中に敵の小太刀を奪って使う、などというとんでもない話を聞いたこともあるが、武士は他人の業物を奪って戦うような不作法なことはしない。

宮本武蔵が二刀使いの嚆矢であるなどという説は、武術史を知らぬ者の言であるから無視するが、このような民間信仰の中にも両剣思想があるのであり、また中国の信仰とその我が国への移入なども総合的に視野に入れて考察を進める必要がある。

倉魔(鞍馬)流剣術の絵目録に『北斎漫画』に描かれている馬櫪尊神と同じ構えをした烏天狗が描かれていて興味深い。

b0287744_11233023.jpg

by japanbujutsu | 2013-06-30 11:24 | 武術論考の部屋 Study
幕末柔術の乱取

先に幕末期の柔術における乱取稽古の様子を 『武術絵巻』 より紹介した。

今回は明治の初期に嘉納治五郎とは別に天神真楊流柔術で行われていた乱取を修行した井口松之助が、自著 『柔道極意教範』 で解説している講道館柔道とは違った 「柔道の乱取」 について紹介する。

これは恐らく幕末期の乱取の様子をそのまま記録したものとして極めて貴重な文献である。発行部数は比較的多いので、お持ちの方も少なくないものと思う。

まず、現今の柔道が失った武道でもっとも大切な所作、礼法。

ここで紹介されているのは試合・稽古をする二人が片手を着く側と両手を着く側に区別されていること。これも重要な日本武道の文化である。

b0287744_1712522.jpg


そして稽古着。これは既に紹介したとおり、上衣は短袖の刺し子、下衣は短パンのように短い。

b0287744_17123591.jpg


次に、基本的な体作りとして受身や単独体操の法がある。受身は回転受身だけでなく、側転やバク転などもある。また、高跳びと言って、帯や紐を身長と同じ高さに張り、これを前後に飛び越える稽古をする(下画像)。

b0287744_17125575.jpg


昭和三十年代にかつて西法院武安流武者捕を修行したことのある宮城県の古老が、河北新報の取材に際して六尺の高さの屏風を前後に飛び越え、その瞬間をとらえた写真と記事が同新聞に掲載された。

当時の乱取は技も豊富で、関節技が含まれていた。

形の名人と言われた天神真楊流師範の吉田千春は乱取で 「蟹挟」 を大変得意としていたことが記録されているが、現在の柔道では禁止技となっている。

b0287744_17131787.jpg


また、肘逆を取る腕固めもあり、小兵が大男を倒す技が多く存在した。

b0287744_17133245.jpg


投技はもっとも豊富で、例えば襟を取って絞めたまま捨身に投げる楊心流の「連固投」なども紹介されている。

b0287744_1713494.jpg


今の柔道はこうした多彩な技法群を捨ててしまったため 「力の柔道」 となり、体重別に競技を行わざるを得ないスポーツと化した。

オリンピックを見ていても 「小 (柔) よく大 (剛) を制す」 などという柔術の理念はかけらも見られない。
by japanbujutsu | 2013-06-29 17:09 | 技法研究の部屋 Skill
楊心流柔術のカエル絵目録

武術の絵目録には人間をいろいろな形態に簡略化して描くスタイルが普遍化している。

トンボ絵、スズメ絵、そして今回のカエル絵。

b0287744_2115457.jpg


実際にリアルな武士を描くのはものすごい手間のかかる作業となり(ほとんどの場合はお抱えの絵師に描かせる)、伝書も芸術性が高くなる。

簡略画であれば、それほど手間もかからない。

スズメ絵もカエル絵も筆者の命名によるもの。

カエル絵は人物の腹側を白く描くのが特徴である。

b0287744_21151934.jpg


アカガエルが捕、クロガエルが受で描かれている。

武士文化の遊び心が表れた伝書である。

この伝書は大江嶋右衛門が天明七年に差し出したものである。

b0287744_21163521.jpg


この大江とは、大江専兵衛の末裔であろうか。
by japanbujutsu | 2013-06-27 21:17 | 秘伝書の部屋 Secret densho
日本における武道の誤り

中学校における武道必修化には大反対である旨、すでに述べた。

中学校の体育で柔道や剣道をやっても、高校へ入って柔道部や剣道部へ入る生徒がほとんどいないのは武道にまったく魅力を感じないからである。

それどころか、多くの生徒は二度とこんなことはやりたくない、とそう思っている。

さて、市中にある個人経営の道場ではどうか。

そこへ通ってくる者はほとんど子ども。

大人は指導者だけ。

しかも親が子どもの送り迎えをしている。

やりたいのは本人ではない。

親がやらせているだけなのである。

礼儀や躾はサッカーや野球だって教えることはできる。

では武道が武道たる所以は何なのか。

それは目先の大会に勝つことばかりを考えている今の柔道や剣道からはほど遠い世界にある。

まず、高校や大学へ行っても柔道や剣道を続けていなければ、武道の本質は語れない。

そして、仕事をもってからも続けて、初めて武道の本質が見えてくる。

しかし、今の日本人はそんなことをしない。

目先の楽しみと利益に直結しないようなことを、大人が好きこのんでするわけがない。

なんでも即席でなければ飛びつかない。

日本人の多くは第二次世界大戦後、「修行」という言葉を実践できない民族になってしまった。

長い修行を通して、精神生活を高揚し、自己の内面を問うような場を避けている。

どこの道場でもほとんどの場合、十年経てば、門人は総入れ替えである。

今の日本に武道を普及させる土壌はまったく存在しない。

誠に残念であるが、これが現実である。
by japanbujutsu | 2013-06-24 22:55 | 武術論考の部屋 Study
柔術の源流 一日城無双一覚流捕手

一般に柔術の源流と目されているのは竹内流捕手腰廻で、天文元年(1532)に創始したことになっている。

それは現在に至るまで、その発祥地が明らかであり、かつ資料も残り、また武術でもっとも大切な技術(形)が伝えられていることで説得力もある。

しかし、伝承者が絶えたり、伝承地が不明であったりして、資料も散逸しているが、竹内流と同じ時代に多くの捕手(後の柔術)が萌芽していることは注目しなければならない。

その一つが、九州で佐藤一覚によって創始され、後に讃岐で隆盛した一日城無双一覚流捕手がある。

b0287744_2154318.jpg

b0287744_21553220.jpg


これは後に讃岐では無相流新柔術として坂出の中条家に家伝し、西日本の柔術界を風靡して、その流裔は昭和に至ったが、香川県ではこれを顧みるものが無く、誠に残念ながら、昭和四十年代に絶伝した。

一日城無双一覚流は竹内流に遅れること約60年、天正十九年(1591)の創始であるが、竹内流の影響はまったく見られない。

b0287744_2155122.jpg


このころ、瀬戸内海沿岸には無双流、または夢想流と名の付く武術が群雄していた。一日城無双一覚流はその一つである。

難波一甫流もこの流儀から出たと伝書に書かれている。
by japanbujutsu | 2013-06-23 21:55 | 秘伝書の部屋 Secret densho
宝蔵院流十文字鎌槍の形と仕合

現在、まったく見られなくなってしまった武術に槍術の仕合がある。

戦前までは広島の佐分利流と京都の貫流が京都の武徳祭で毎年五月に火花を散らした。

佐分利流の鍵槍はかなり苦戦を強いられたものと思われる。

なぜならば、槍は仕合になると 「突き技」 で勝負を決めなければならないからである。

佐分利流は鍵で敵の槍を固定して払い落とす技が特徴であるが、相手が管槍では引っかけることがなかなかできない。

しかも、佐分利流は槍を短く使うのが得意、貫流は長く使うのが得意である。

突き技の仕合では断然、貫流が有利なはずである。

しかし、毎年、同じ流派同士で戦うとなると、佐分利流も工夫をしたことだろう。

ここでは、現在はまったく見られなくなってしまった宝蔵院流の仕合の様子を形稽古の様子と合わせて 『武術絵巻』 から紹介しよう。

b0287744_20271766.jpg


槍術の仕合では左半身だけを防具で覆い、面を着ける。

左手で突く方向を定め、右手で突き出すのが鉄則。

だから右前の半身にはならない。

b0287744_20262080.jpg


こんな槍の仕合が残っていたら、間違いなく入門していたことだろう。

機会があったら復活してみたいと思っている。

現在、防具を付けて稽古を行っているのは名古屋の貫流だけになった。
by japanbujutsu | 2013-06-22 20:27 | 技法研究の部屋 Skill
宮本武蔵真筆の書画

宮本武蔵は絵画や書にも優れた文化人であったことは誰もが知っている。

そして生涯にいくつもの作品を書き残している。

当協会も何点か所蔵しているが、筆者は書画の専門家ではないので、真贋を見極める眼力がない。

ここでは当協会が所蔵している武蔵の書画の中から三点を紹介する。

一点目は 「枯木鳥之画」 これには狩野常信の極書が付いている。

b0287744_2102661.jpg


そして、次は二行書。「秦晋桃分色李楊橘合歓」 と書かれているが、浅学の筆者には今ひとつ明解が出ない。

b0287744_2132629.jpg


三つ目は、『寒山拾得図』。 
このあたりになると真贋の判定が非常に難しく、専門家に鑑定していただかないとわからない。

b0287744_2181255.jpg

by japanbujutsu | 2013-06-21 21:13 | 宮本武蔵 Miyamoto Musash
九字護身法

武術と真言秘密、九字護身法の関係については拙著で詳しく説明しているので割愛する。

b0287744_20511956.jpg


要は九字を切り、神仏の加護によって災厄を祓い遠ざける護身のための修法として武術の奥伝に採用されたものである。

筆者が学んだ流派の中では、柳生心眼流の奥伝に九字之大事があり、その伝授も受けたが、未だ修行も不完全であり、また筆者自身、このような神秘秘伝の修法を好まず、その効用について信用していないため、筆者の代では教授をしていない。

元より武術の本意とは異質の世界であるから、技術を真面目に修行する者には全く必要ではないと考えている。

ここに紹介する伝書は図入りで優れている。外国の支部に密教が好きな会員がいるので、差し上げたいと思っている。

b0287744_20514596.jpg


この伝書には十四の結印図が描かれ、また「九字三段之伝」の解説がある。

b0287744_205239.jpg

by japanbujutsu | 2013-06-20 20:52 | 秘伝書の部屋 Secret densho
柔道の創始者は嘉納治五郎ではない!

柔道とほとんど同質の乱取りは、すでに江戸中期には行われていた。

嘉納治五郎が創始したのは 「講道館」 であって、 「柔道」 ではない。

確かに技の整備はしたであろうが、これをもって創始者と崇めるのはとんでもない誤認である。

すでに幕末には東北地方を除いて全国的に柔術における乱取り試合が各藩で友好的に行われていたことは様々な資料に見られるところである。

以下に『武術絵巻』より、江戸時代の柔術の乱取りの様子を描いた三点を紹介する。

b0287744_19592695.jpg

b0287744_19593974.jpg

b0287744_19595180.jpg


最初が 「一本背負い」
次が 「巴投げ」
最後が 「十字締め」

その稽古着も乱取りでは袴を取り除いた講道館初期の姿と全く同じである。

現今の柔道着は袖も裾も長くなりすぎであるが、本来は肘も膝も出るのが正しく、そのために昔と今では技法も異なっている。

乱取り用の稽古帯も江戸時代にはすでに存在しており、嘉納が定めたのは色による階級制度だけである。しかも有段者の色を「黒」としたのは完全に近代の思想である。

古今東西、黒は「悪の色」として認識されているのは周知の通りである。

古来、日本人の色彩感では白と紫が最高位である。

武道・武術の正しい歴史認識は江戸時代の一級資料を用いてなされなければいけない。
by japanbujutsu | 2013-06-19 20:05 | 武術論考の部屋 Study
居合術において座して大刀を差すこと

どこの道場や大会に行っても必ず、話題になるのが、居合術の想定。

b0287744_175939.jpg
                              影山流居合術

すなわち、座して大刀を差すことが、江戸時代の武家社会において実際にあり得たことなのか。

常識的には、そして普遍的には 「ない」 という解答でいいだろう。

だから当然、殿中居合などというものは存在しない。

居合の眼目は、いかに速く刀を抜いて敵の攻撃に対処するかにある。

そのためにはもっとも動きにくい姿勢、すなわち正坐や安座から抜く稽古が便宜上成立したわけである。

座敷で大刀を差した者同士が、膝をつき合わせて座るなんて想定は現実にはあり得ない。

武術は、その技術の難易度を高めるために、日常想定されない状況下での稽古を行う。

そもそも大刀を差している者に短刀で切り掛かるなどという想定もおかしい(林崎夢想流)。

江戸時代の武術は武芸であり、教育であることをまず念頭に入れなければならない。

学校の授業だって、世の中の生活に直結しているのは実技科目だけである。

それでは、日常生活では使いものにならない教科をなぜ学ぶのだろう。

学問はその学ぶ過程にこそ人間的成長を見出す意義がある。

だから武術ほど現実離れしているものはない。

鎖鎌や十手、二刀などは実戦で使用された記録は皆無である。

その実戦で絶対的に不利である道具をどこまで使いこなすことができるか、そこに武芸教育の意義がある。

だから江戸時代の武術ほど即戦力に欠ける戦闘技術はないのである。

武術は武士教育、そして人間形成の道なのだから。

場合によっては一人前に使えるようになる(免許皆伝)まで十年も二十年もかかる。

だから即戦力を求めたヨーロッパ社会には、日本武術のような長い修行を必要とする稽古事は発達しなかった。

しかし、今、欧米の文化人はその長い修行を必要とする日本文化に魅力を感じて、日本まで修行にやってくる者も少なくない。

だから、武士が殿中で大刀を差すことなどありえないことで、これは武術の世界にだけ存在するものであることを知るべきである。

そして、居合の稽古・演武においては二刀差しにする必要はまったくない。

武士なのだからと演武で脇差を差している者を見かけるが、何回も言うように、武術は日常の生活規範からはまったくかけ離れて存在するものであり、むしろ居合の稽古は大刀の一本差しで行うのが正しいと言える。

なお、武士が城中での勤務を離れ、町屋でくつろぐときには大刀を差したままでいることもある。
by japanbujutsu | 2013-06-16 18:30 | 技法研究の部屋 Skill

by japanbujutsu