ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

<   2014年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

下緒の長さのこと ~古式の失伝~

下緒の用途について巷間では襷に使うことが前提になっているなどと言われているが、本当だろうか。

本日はその下緒の長さについて話してみたい。

江戸時代、武士が公務で差す大小には厳格な法度があり、当然のことながらそれに付随する下緒にも規定があった。

その定寸は、大刀の下緒の長さが五尺(152㎝)、脇差の下緒は二尺五寸(76㎝)と決まっていた。

しかし、居合(武術)で使用する刀の場合には刀身の長さと同様にその規定は適用されず、各流儀の規定か、あるいは各人の好みによって作られた。

今ここに実物史料として江戸京橋に店を構えていた『いとや半治郎』製の大小下緒と柄糸がある。
大刀用の下緒が167㎝、脇差用が74㎝となっている。
大刀用は規定より長く、脇差用は短いが、定寸を大きく逸脱したものではない。

b0287744_17451640.jpg

ところがどうだろう。今では大刀用が220cm、脇差用が120cmという江戸時代には存在しない長さが標準になっている。

下緒の作法はすでに述べたので、ここでは触れないが、帯に挟む方法は戦後に下緒が長くなってから流行りだしたもので、江戸時代にそのような方法をなした例は寡聞にして知らない。

肥後関口流抜刀術伝書に、
「大小共に鍔とくりかたとの間に下緒をまくは悪し急に抜時下緒さわりて仕損すること有り刀はくりかたより上へ三と巻まきて餘りはくり形より下に巻べし」
とある。

幕末の写真や戦前の居合の写真を見ると、全部この作法か、「鞘掛け垂らし」の方法となっている。
by japanbujutsu | 2014-02-27 17:53 | 武具の部屋 Arms
剣道における撞木足の構えは悪い足の踏み方として教えられている。
それはそれでよい。
江戸時代から竹刀を使った撃剣では、両足の爪先を前に向け(平行足)、踵を上げて歩幅を狭くし、正面体で向き合う構えが用いられていた。
それはもちろん撃剣における最も有効な構えだったからであろう。
しかし、それを良しとせず、撞木足で試合をする流儀も確かに存在し、多くの流儀ではむしろ平行足と撞木足を技法によって使い分けていたようである。

ここに『剣道独稽古』という古文献がある。
そこには防具を着けて相対している様々な構えが図示されている。
その足構えを見ると、平行足と撞木足がほぼ同じ数で登場しているのである。
下の画像を見ると上が平行足で下は撞木足以上に爪先を開いた「一文字腰」の構えになっている。

b0287744_16521763.jpg

b0287744_16522997.jpg

そして、次に示すのは江戸時代の武術稽古の様子を図示した『武術絵巻』であるが、双方左足の踵を上げているのがわかる。しかし、その次の棒対剣の技になると剣を持つ者は一文字腰に近い撞木足で棒に打ち込んでいるのがわかる。

b0287744_1658676.jpg

b0287744_16581846.jpg

さらに次に紹介する写真は、昭和11年(1936)3月18日に弘前市の東奥義塾大講堂で行われた青森県古来武道振興会による秩父宮台覧古来武道大会における梶派一刀流の演武写真である。

b0287744_1726281.jpg

歩幅が広く、腰を割り、足は完全に撞木足となっている。竹刀で稽古をするときには平行足になるが、木刀や真剣で形を演じるときには撞木足になる。

近代剣道の祖高野佐三郎の小野派一刀流は平行足であったが、弘前藩士小野派一刀流剣術師範中畑英五郎は撞木足を使ったことが、両者が形を演じている写真から判明している。

古流は競技・試合すなわちゲームではなく、術理を学ぶ武術である。相手は一人とは限らない。常に相手が一人と決まっている競技ならば平行足でよいが、実戦では相手は前後から挟み撃ちに来るかも知れない。辻で四方から囲まれることもある。だから古流の剣術や居合は、あらゆる状況を想定して形や構えができている。
二人の敵に前後から挟まれた場合、平行足では前の敵を打った後、後ろの敵を打つためには両足の爪先を180度返さなければいけない。これが撞木足だと90度ずつ返せばすぐ後ろを向ける。さらに身体も正面体の剣道は真後ろを向かなければならないが、一重身の古流は体変換の必要がない。

何の構えが正しい、何はダメだと体験も実践もせずに、盲目的に現代剣道の考えを受け入れるのではなく、武士たちによって長い年月の中で培われてきた伝統の技術を研究し、考査し、淘汰して、培養していくことが重要ではないだろうか。
武術は決して一元論で語れるものではない。
by japanbujutsu | 2014-02-26 17:38 | 技法研究の部屋 Skill
柔術技法の研究 『拳法図』 最終回 二本逆背負投

東北諸藩に伝えられた柔術には豪快な形が多い。

この二本逆背負投(この技法名は筆者が便宜的に命名)もその一つ。

b0287744_14262283.jpg

当協会が伝承している仙台藩伝浅山一伝流柔術にも同じ技がある。

絵図のように投げるときには片方の膝を深く屈し、他方の膝は伸ばして、低い姿勢で投げるのが正しい投げ方である。

現代人は足腰が弱くなっており、この低姿勢で技が掛けられる人はほとんどいなくなってしまった。

盛岡の諸賞流にも同じ技があるが、肩の辺りを掴んでいて、肘逆を掛けていない。
演武のための方便だろうか。





東北の柔術は背負投を掛けられたら立って受ける。
by japanbujutsu | 2014-02-24 17:11 | 技法研究の部屋 Skill
柔術技法の研究 『拳法図』 その11 柄止

柄止の技法は柔術と居合の両方にある。

柔術の場合は敵が柄に手を掛けた刹那に敵の手首、または柄を制して、そのまま腕固めの技法に連続させていく。

この絵図の場合には柄と手首の両方を制している。

b0287744_1485537.jpg

この技法は古流であればおよそどの流儀にも普遍的に見られる技法である。

仙台藩伝浅山一伝流柔術では敵の手首を制してから、敵にそのまま刀を抜かせて、その腕を逆に極める形が伝えられている。

逆に居合の場合には、敵に手首を制せられた場合に、これを外して斬り伏せる形が多くの流儀にある。

筆者が伝える流儀では力信流と荒木流にあり、双方相手を置いて稽古ができるようになっている。

荒木流では柄を取った敵の腕を蹴ったり、踏みつけたりして外す形がある。
by japanbujutsu | 2014-02-22 17:57 | 技法研究の部屋 Skill
柔術技法の研究 『拳法図』 その10 首車

柔術に敵の顎と頭に手を当て、首を捻って倒す技法がある。

当協会の柔術制定形にも採用されている。

わが制定形では前から掛けるのであるが、この図では敵の後方から掛けている。
そして顎ではなく頬に手を当てている。

b0287744_13424493.jpg

いかなる技法の展開なのか、今となっては知るよしもない。

類似の技法には、幕末に行われていた乱取りの中に「首投」という技があり、これは敵の背後から顎に手を掛け、もう一方の手で足を掬って投げ捨てる技である。

b0287744_1349167.jpg

この技法も現在の柔道からは完全に消えている。
by japanbujutsu | 2014-02-20 17:24 | 技法研究の部屋 Skill
柔術技法の研究 『拳法図』 その9 折取

柳生心眼流兵術は片衣・両衣・袖突・打込・折取・襟取・大搦の七ヶ条を十変化、合計七十手で稽古を行う。

最初の拳法伝四変化、二十八手を修得して切紙(初伝)、次に七十手すべてを修得して中意位(師範代認可)、さらに口伝・秘伝を授かり修行歴、指導歴を考査して免許皆伝(指南免許)となる。

その五本目の取り口「折取」。
右手で相手の胸襟、左手で帯を掴む想定である。

b0287744_22523760.jpg

この想定は仙台藩の柔術に多く見られる取り口で、流儀を超えて普遍的に存在する。
他藩の柔術形にはほとんど見られない。

この拳法図が伝える楊心流がいつ頃、どこから仙台藩に入ってきたものか不明であるが、やはり技法に仙台藩伝柔術の色が濃く現れている。

捕方が技を返して来ないときには、この体勢からさまざまな技を繰り出すことができる。

たとえば、下に示したように、幕末期の柔術では巴投げを掛けるときに、胸襟と帯を取って敵を崩し、それから引き戻して掛ける技があった。

b0287744_13524533.jpg

by japanbujutsu | 2014-02-18 17:39 | 技法研究の部屋 Skill
柔術技法の研究 『拳法図』 その8 バックブリーカー

柔術とレスリングには類似した技が多くある。

今回紹介する技はプロレスで用いられるバックブリーカー。

これで相手の顎を掴んで担げば「アルゼンチン・バックブリーカー」になる。

この楊心流では敵の両腕を一緒に巻き込んで担ぎ上げている。

b0287744_1821385.jpg

この技もこの後の展開が気になるところである。

大東流柔術開祖武田惣角がこの技を示した写真は有名である。

b0287744_1821760.jpg

by japanbujutsu | 2014-02-16 18:07 | 技法研究の部屋 Skill
柔術技法の研究 『拳法図』 その7 柳生心眼流?

『拳法図』に描かれている柔術の流儀は楊心流系統に相違ないが、技法によっては仙台藩に伝承された他流派の影響が垣間見られる。

本日紹介する技法は明らかに楊心流の原形には見られないもので、捕方が一足立ちになって右拳を突き出しているのである。

b0287744_22341634.jpg

明らかに柳生心眼流の拳法技法に類する技法であり、拳の形も中指を突き出した古流の握り方(古流には中高一本拳などという変梃な名称はない)である。
by japanbujutsu | 2014-02-14 17:25 | 技法研究の部屋 Skill
柔術技法の研究 『拳法図』 その6 片手一本逆背負い

今回も高難度の技を紹介する。

片手一本逆背負い。

b0287744_2057424.jpg

敵に当身を入れて浮かせておき、その肘逆を極めて、敵の体側に背を付けて投げ出せば、それほど難しい技ではなく、筆者の伝承している仙台藩伝浅山一伝流柔術でもこれに近い技(実際にはこれよりもさらに高難度)がある。

肘逆を極めるには敵の腕の外側から敵の前に入らなければいけない。内側から入ると柔道の背負い投げと同じになってしまう。

両足の爪先が完全に開いていること(一文字腰)にも注目しておきたい。

しかし、現在は逆手一本背負いを演武する古流さえも姿を消してしまう有様。

古武道の将来は暗い。

次世代に何流派残っていることだろう。

古流は現代武道と違い、伝承していくことに文化的価値があるわけだから、いたずらに弟子が多くいても仕方がない。

結局、何人が免許皆伝まで行き、また何人が道場を持つのか、これが一番大切なことである。

競技ではないから一位も優勝も栄誉もない。

武術家としての矜持だけ忘れなければ、それで十分であると思う。
by japanbujutsu | 2014-02-12 17:43 | 技法研究の部屋 Skill
柔術技法の研究 『拳法図』 その5 霞

柔術では敵の動作を止めるために、さまざまな当身の法を伝えている。

このことについて、筆者はすでに四半世紀前、『日本柔術当身拳法』(この本は愛隆堂の武道書の中で驚異的な販売部数を記録した)の中で詳述した。

今回述べる「霞」という技法は古流柔術にはおよそ存在するものであるが、両眼を引き裂く方法は楊心流系統だけに見られる特殊な技法である。

楊心流・真之神道流・天神真楊流における初段居捕の最初手にある「真之位」の形では、右手指先で平円を描くように霞を掛ける。

他流ではこめかみを手刀で打つ技法をよく見る。

この『拳法図』では、敵が抜刀しようと右手を柄に掛けた刹那、捕は左手で霞を掛け、右手で襟を掴んでいる。

b0287744_1731284.jpg

柔術において技に入る前に入れる当身は、敵を倒すものではなく、敵の動作を止めて、技を掛けやすくするための補助技法として用いられるものである。

柔術は生捕りが主眼であるから、敵に損傷を与えてはならない。

そこが他国の武技と異なる日本柔術の最高に優れた点である。
by japanbujutsu | 2014-02-10 17:10 | 技法研究の部屋 Skill

by japanbujutsu