ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

<   2014年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

夢想願流のこと

夢想願流の祖、松林左馬之助蝙虵(斎)は文禄2年(1593)、上杉氏家臣・松林永常の子として信濃国海津(現:長野県長野市松代)に生まれる。のちに上杉家を出奔、諸国行脚の旅に出て剣術・槍術・薙刀術を修行し、夢想願流を編み出したその後、左馬之助は無雲と号し、親類の関東郡代・伊奈忠治の食客となっていたが、寛永20年(1643)に仙台藩主伊達忠宗から知行300石で世子・光宗の剣術指南役として招かれて江戸に移った。光宗はその二年後に19歳の若さで急逝したが、左馬之助はその後も仙台藩に残り、仙台城下の片平丁に拝領した屋敷に道場を開いて藩士に武術を教授した。慶安4年(1651)、伊奈忠治の奔走により、江戸城において将軍・徳川家光に夢想願流の武術を披露する機会が設けられた。この時、家光は「身の軽きこと蝙蝠の如し」とその技量を讃えたという。これを誉れとした左馬之助は以後は蝙虵斎と号した。夢想願流の奥義は門弟の佐藤嘉兵衛が相伝した。寛文7年(1667年)死去。享年75。

以上が、一般に語られている松林左馬之助の略歴である。古文献を精査しないで書いているから内容がデタラメである。

今、その子孫の家に慶長18年(1613)9月に左馬之助が書いた伝書が残っている。このとき左馬之助は21歳。自ら伝書に「信州埴科郡住人 松林無雲成近」と記している。その太刀の秘伝は愛宕山大権現にて夢中に相伝されたという。信州に住んでいるときから無雲と称していることがわかる。そしてまた信州に住んでいるときにすでに夢想願流を大成させているのである。さらに、修めた武術の中にもっとも重要な「捕手・小具足」が抜けている。その捕手・小具足の内容を見ると、北信濃に伝承した無双直伝流和・小具足に酷似していることが判明する。夢想願流の伝書に愛宕山大権現が出てくることを考えると、この流儀は明らかに竹内流→荒木流→夢想願流という流れにあるように思う。するとそれは無双直伝流の系譜とも重なることになり、両者の接点はそのあたりから判明してくるのではなかろうか。

こちらも日本武芸新聞『水月』で詳細に論じてみたい。

以下に紹介するのは夢想願流(上)と無双直伝流(下)の絵目録である。両流派には酷似する形が散見される。

b0287744_21141347.jpg

b0287744_21143128.jpg

by japanbujutsu | 2014-12-31 17:31 | 秘伝書の部屋 Secret densho
楊心流柔術「袖車」

楊心流の技法のいくつかは、今から20年以上前に、実際に実技を通して古流柔術専門誌『和儀』で詳細に考証したので、そちらをご覧いただきたい。

その楊心流の看板ともいえる形がこの袖車である。

b0287744_18304634.jpg

もとろん優れた形ゆえに、天神真楊流や仙台藩の西法院武安流にも採用されている。

座した敵の背後に回り、その袖を巧妙に利用して最後は襟締めで落として極める。
まさに芸術的技法である。
ちなみに、この形は筒袖の柔道着では演じることができない。
by japanbujutsu | 2014-12-29 17:22 | 技法研究の部屋 Skill
静流薙刀

戦前発行された『剣道神髄と指導法詳説』に静流薙刀形の解説が出ている。
岡山県に伝承していた系統で、著者の谷田左一が下宮祐米から学んだ。
谷田は他に、水上熊雄から真心影流剣術を、加藤新太郎および中島春海から無刀流剣術を、中井前から身捨流居合術を学んでいる。
六尺の短い薙刀を用いる。

b0287744_1883384.jpg

男使いで解説しているのが、なんとも貴重な資料である。
戦前の剣道家は、古流の形を演じるときは、しっかりと古流の姿勢・動きを墨守していることがわかる。

本書では静流薙刀の形、表裏十四本を詳細に解説しており、復元は十分に可能である。

ちなみに嘘のような本当の話であるが、この静流が江戸時代に仙台藩に伝わり、東北訛りで「しずか」を「すずか」と発音した。そしてそれがいつしか静から鈴鹿となり、静流は鈴鹿流となった。
by japanbujutsu | 2014-12-26 17:52 | 技法研究の部屋 Skill
武術に普遍的真理なし

武術に原理はあっても真理はない。
武術に真理があるとすれば、それは一流儀内だけに通じる真理であって、すべての流儀に普遍的に存在する真理などというものは存在しない。
武術における「原理」は具体的な行動(形)として示されるものに違いはあっても、その動作の根幹となる行動原理をつきつめれば、人間が同じ五体で行う行動に原理の違いはあってはならないと考える。
物を斬るときに両足の踵をしっかりと地に着けるのは、物を斬るための行動上の普遍的な原理である。

今回、表題の題材として上げるのは剣術や居合における刀の「柄の握り方」である。
これがまた流儀によってさまざまであり、そのどこにも真理というものがない。
ある流儀では人差し指は絶対に伸ばしてはいけない、というし、別の流儀では人差し指は伸ばしなさいという。
下の写真(示範:青木規矩男)のように関口流抜刀術では人差し指を伸ばすように教えている(現在、正しくそのように実践している関口流修行者は極めて少ない)。

b0287744_17261321.jpg

また、ある流儀では卵を握るようにと教えるが、別の流儀では普通に五指を揃えろと教える。
同じ刀で斬るのに、こんなに考えが違っていいのだろうかと今でも思う。
しかし、これは流儀によって区別して稽古するしかないのである。
それが流儀なのであるから。
ある流儀でそうしなさいということは、別の流儀ではタブーであったりする。
現在の古流にいろいろ見られる誤伝は別として、師匠から教えを受けたことは、その流儀を修行する者にとってはすべてが真理である。
by japanbujutsu | 2014-12-23 17:11 | 技法研究の部屋 Skill
亀谷鎮師範

b0287744_12461544.jpg

亀谷鎮は明治34年岐阜県に生まれた。
大日本帝国下の軍人募集に応じて入隊し、文武ともに優秀な成績だったため、上官に軍に残るよう云われた。
大正10年現役兵として、台湾歩兵第一連隊に入隊する。このときすでに青木規矩男は台湾で高等中学商業科の教師を務めており、講堂で二天一流を指導していた

当時隊の方針として、すべての隊員に趣味とする習い事を義務づけた。亀谷は剣術を学ばんとして青木に入門した。この時青木と初めて知り合い、青木が昭和44年2月11日に没するまで、師弟関係が59年間続いた。その間に届いた手紙、書などはすべて駿河館に保存されている。

昭和9年5月に挙行された皇太子殿下御誕生奉祝昭和天覧試合に際しては、青木と亀谷が台湾から参加している。台湾駐屯中は軍事演習のみで、休日などはのんびりと海釣りをしたり、現地の人たちに剣術を指導していた。

青木より亀谷への関口流抜刀術の相伝は、
昭和9年 「介錯之巻」および「目録免許相伝」相伝
昭和32年  「信条書」の相伝を以て正式に関口流抜刀術15代目師範を継承

亀谷より萱間静林師範への相伝は、
昭和55年 「介錯之巻」および「目録免許相伝」相伝
昭和61~62年 「兵法極意之巻」「口伝書」他を相伝、16代師範を継承

関口流抜刀術駿河館に関わる系譜は青木→亀谷→萱間以外に存在しない。
by japanbujutsu | 2014-12-21 17:41 | 関口流抜刀 Sekiguchi ryu
明治の武術家 幡野寅治郎

明治期の千葉県は古流剣術家たちの巣窟の観を呈していた。

今回紹介するのは香取郡森山村文武館主、幡野寅治郎である。

幡野は明治17年9月、小見川習武場猿田東之助および豊浦村信成館小久保忠雄に師事して、それぞれ積川一刀流、江戸森戸系浅山一伝流剣術・揚心古流柔術を極めた。

b0287744_1659362.jpg

後に、小見川警察東部武道研究会副会長、森山村補習農学校剣道教授、大日本武徳会千葉支部の剣道指導委員を務めている。

しかし、これらの武術は浅山一伝流の一部の形を除いてすべて失伝してしまった。
by japanbujutsu | 2014-12-19 17:35 | 武術論考の部屋 Study
楊心流居合のこと

熊本にかつて楊心流の居合が伝えられていた。
熊本には他に、関口流、新心無手勝流、伯耆流、四天流などの優れた居合が割拠していた。
まさに居合王国である。
このうち現在に残ったのは関口流と伯耆流の二つだけである。

楊心流の居合は、関口流と同じように、柔術に併伝していた。
しかし、この居合だけでも十分に独立できるだけの内容を有している。

b0287744_1631211.jpg

熊本藩の楊心流は他にも薙刀や半棒を伝えていて、こちらは現在広島に伝えられている。
しかし、近年は女性が相伝するようになったため、完全に「女使い」の薙刀になってしまった。
使用している薙刀も細くて軽くて短いものである。
「男使い」があるかどうか、一度尋ねたことがあるが、男使いは失伝していた。
打ち込みで棒立ちとなり、踵を上げているので、武術としての要素は希薄である。

楊心流の柔術と居合は流儀の根幹をなすものであっただけに失伝が惜しまれる。
柔術は関口流抜刀術を伝えた青木規矩男が継承していたが、後継者が育たなかった。
すなわち居合が最初に失伝したようである。
居合の嚆矢を探る上で貴重な流儀であり、残された資料で探求していきたい。
by japanbujutsu | 2014-12-17 17:13 | 武術論考の部屋 Study
明治期までの武術稽古は角帯を用いなかったということ

明治期までの武術の稽古においては、上衣を固定するための角帯を用いていなかった。
もちろん、袴を外して着流しで稽古をするときには腰帯をしたが、袴を着用する場合には袴帯(袴紐)があるので、これで十分だったようだ。
居合の稽古でさえも角帯は締めていない。
現在の居合の稽古においては(特に全国組織=全剣連、全日居連などに加盟する団体)100人が100人、角帯を締めている。
そしてそれが「正しい」と教えられることに何の疑問を持つ者もいない。
だれもがしなければいけない絶対的条件だと思っている。
第一、角帯を締めなければ、差した刀がダラリとして不安定になるではないかと。

しかし、その考えがそもそも違っている。
どうやら、その鞘がダラリと不安定になることを昔の居合の稽古ではまったく問題としていなかったことがわかる。
筆者が、武術の稽古は武士の日常のスタイルで考えたらダメだという所以もそこにある。
正しい武術の在り方を研究、継承していこうとするなら、固定観念という恐ろしいマインドコントロールに縛られないようにしなくてはならない。

現代人は私説を論じるとすぐに証拠は何だというから、ここにも一つ証拠を挙げておく。
明治23年に発行された『武道図解秘訣』は、公刊された武術の技法解説書としては嚆矢の一つである。
ここに掲載されている居合の図を見てみよう。
まず、下の図では明らかに角帯はしていないことがわかる。下緒でさえも外している。影山流抜剣のさまざまな所作を描いた『剣法図』の絵図も同様のスタイルであるから江戸時代も同じであったことがわかる。

b0287744_222712.jpg

そして、次の図を見ると、袴紐の締め方も今とは違うことがわかる。
それは袴の腰板を固定するために、袴紐は袴の上で廻して縛るようにしていることである。

b0287744_22271895.jpg

結果、鞘はかなり自由に動くことになる。
否、居合の稽古において鞘が自由に動くことはむしろ重要なことなのではなかったのか。
このあたりの内容については、日本武芸新聞 『水月』 で詳細に述べてみたいと思う。
by japanbujutsu | 2014-12-15 17:56 | 武術論考の部屋 Study
長野県上田市に鎮座する真田神社にもう一つの奉納額があることを最近知った。

本殿の軒下には北辰一刀流の奉納額があることは知っていたが、これを調べた者が本殿の内部を見落としていたのである。

内部にはもう一つ、非常に珍しい武術の奉納額が掛かっており、武具一本を除けばほぼ健全な形で残っている。

その流儀は三賢一致流居合、阪田流兵法棍棒、志真古流捕手の三術である。
額には棒・木刀・小太刀・十手・それに巻物三巻がある。

b0287744_20571951.jpg

願主(師範)は六川某で免許者の姓名を掲げている。

掲げられたのが明治21年であるから昭和の時代までは伝承者がいたわけである。
松代藩の武術が廃藩置県ですべて絶えたのに対して、上田藩の武術は維新後も教授されていたことがわかる。
現存する伝承者はいないだろうか。
惜しまれる流儀である。
by japanbujutsu | 2014-12-12 17:07 | 武術論考の部屋 Study
公用の刀と武術稽古用の刀

現在、居合や剣術を学んでいる人たちは、武士が公用で登場するときに差した大小二本差しと、彼らが稽古場で武術の稽古に使用した刀が同じものではなかったということを知っているだろうか。

土佐英信流では二尺三寸一分の刃渡りを定寸とする、というが、これが本当に幕府の規制を受けてそうなったのかは大いに疑問である。
なぜならば、武術の稽古で使用する刀は、武家諸法度の規制外だったからである。
武術で稽古に使用する刀は、各流儀で規定されているものをそのまま使うことが許されていた。
これは武術の稽古が稽古場内のみで行われているからであり、外出の際にはもちろんこれを差して歩くことはしない。

江戸時代には何度も武士の公用刀の長さが改定された。
当初二尺三寸台だったのが次第に短くなり、二尺二寸台まで落ちた。現在に残る古刀や新刀の長さに二尺二寸台が圧倒的に多いのはこのためである。

b0287744_2333998.jpg

体格の良いわれわれ現代人がこれを差すとまことに様にならない。

しかし、たとえば居合の流儀では林崎夢想流では三尺三寸刀を使い、この流れを汲んだ関口流や田宮流も当初は皆この長さを墨守した。
これらの流派の刀が次第に短く変容していったのは、幕府による統制を受けたからではなく、武術にさらなる実用性を求めたからである。
しかし、新庄藩や津軽藩、仙台藩に伝承した林崎夢想流では江戸期を通じて一度も流祖が規定した三尺三寸を変えることはなかった。

公用では常に大小二刀を差すのが義務であったが、もちろん武術の稽古ではどちらか一つあればよかった。
つまり剣術、居合においては大刀を、小太刀の稽古においては小刀だけ使えばいいわけである。

二刀を稽古で使うのは、流儀の中に「二刀」の技法がある場合に限られていた。
by japanbujutsu | 2014-12-10 17:23 | 武術論考の部屋 Study

by japanbujutsu