ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

<   2015年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

新陰流伝書を読む 1

現代の世にも多くの武術が伝えられている。
しかし、事理のすべてに渡って完全に相伝している流儀など一つもない。
流儀に膨大な伝書が伝えられているにもかかわらず、技ばかりを稽古して、伝書の修学をおろそかにしているのではなかろうか。
日常の稽古で伝書の講義をしている道場がどれほどあるだろうか。
二時間稽古をしたら、一時間は伝書の講義をすべきではないだろうか。
流儀の内容を半解もせずしてよく免許皆伝を公称できるものだと思う。
自分が学ぶ流儀の伝書が販売されていても、購入する意思のないような者は、武術を学ぶ素養がないものと知るべきである。
先人、先哲の知恵の結晶を蔑ろにして武術を学ぶなど言語道断である。
武術は技ばかりでは何の役にも糧にもならない。

今回から3回にわたって剣術の有名流儀、新陰流の伝書を釈義してみたい。
私にとって新陰流は門外であり、興味も関心もないが、古い流儀だけに普遍的な剣術の理合いを考察するには好史料が多く、参考になる。
まずは『新陰之流位詰之目録』を翻刻。

b0287744_17471884.jpg

新陰之流位詰之目録
此一巻奥意者雖以能構截懸乗行以其上位
得勝     口伝
高浪  心強身和キ持合也
逆風  心軽身ト持合事第一トス
岩砕  心強身軽持合
残心  残ル内ニ行心専ニ持合也
清月  持合ニ心軽ハスミ身軽可勝
眼勝  心専ニハスミ身ヲ惜ミ持合也

右位詰終

前文にある「構截懸乗行」については、同流伝書『月の抄』に、

敵の太刀さき我方へ向はば、付て打べき事敵の構太刀、はたらきあらば、拍子に乗て、打べき事、敵の構、身をはなれて太刀さき後へならば、一拍子に勝つ可き也とも書す

とある。また、目録のうち「残心」については、同伝書の「残心の事」に、

三重も五重も心を遺すべし。勝たりとも、打はづしたりとも、とりたりとも、ひくにも、掛るにも、身にても少も目付に油断なく、心を残し置事第一也

とある。さらに、各形に付く心と身の理合について、同流伝書『飛衛』には、

躰と心とは一つなり。躰にある心なり。心によってはたらく躰なり。(中略)躰ありても死人はわざをなさず、心のなすわざ也。

とある。

形の真意を知らず、その形骸だけを繰り返しても、その形を理解することはできない。
その肉ばかりを付けても、心がなければ死体となる。
心がない形は死形であり、生きた形には到底及ぶことはない。
理と心をよく知り、よく考え、よく学び、形を実行するべきである。

形には妙味がなければいけない。

(つづく)
by japanbujutsu | 2015-07-30 17:31 | 秘伝書の部屋 Secret densho
謎の居合流儀 雲井流 ③

ここに初めて流儀の名前「雲井流居合」が出てくる。

b0287744_22131068.jpg

しかし、肝心のその内容が何も書かれていない。

これによれば、元祖の上山楊雪は芸州広島とあるが、それ以外の情報は何もない。
これではお手上げである。

今後、目録伝書が発見されることを願う。
by japanbujutsu | 2015-07-27 22:08 | 秘伝書の部屋 Secret densho
謎の居合流儀 雲井流 ②

この雲井流居合伝授巻が発行されたのは安永十年(1781)、差出人は秋葉山院代要全とその師(または兄弟子)大岡雲雪庸将の連名となっているが、朱判が要全に捺されているので、実質的な発行者は要全である。
被授者は松平八十郎。

画像の最初に見える部分は真言秘密の結文であるが、口伝の造字となっている。

b0287744_2242030.jpg

秋葉山大権現はもともと真言宗の神仏混淆であったが、江戸時代に曹洞宗となり、明治以降は仏を廃して神道とした。
武術の中では護身を前面に出すため、真言呪文の教習を採用した。
要全は神官ではなく僧侶であろう。
by japanbujutsu | 2015-07-25 17:41 | 秘伝書の部屋 Secret densho
謎の居合流儀 雲井流 ①

江戸時代中期、芸州広島に雲井流という居合の流儀があった。
その後、いつまで伝承したのか、その内容はいかなるものだったのか、今となっては知る由もない。
ただ、摩訶不思議な伝授巻が一巻残っているのみである。

b0287744_21394312.jpg

巻頭から真言秘密の唱文、

オン ヒラヒラ ケン ヒラケンノウ ソワカ

が出ており、その興りを遠州懸川(掛川)秋葉権現の直伝であとし、兵法必勝の秘密法を伝えている。

私はこのような内容の伝書は好まないが、後半部分に興味があったので入手しておいた。

(つづく)
by japanbujutsu | 2015-07-23 17:25 | 秘伝書の部屋 Secret densho
甲陽流(武田流)武学之制 最終回

今回を以て甲陽流武学之制は終了する。
最後に奥書を紹介する。

b0287744_12565265.jpg

此書雖為秘事執望書
類之条令授与畢猥に他見
有間敷もの也
  小幡景憲十八代道統
           岩山高憲
 明治廿五壬辰
     七月吉日     印 花押

  岩山高充殿


相伝を「道統」と表現している。
宗家などという言葉は武術の世界には存在しない。

明治になっても実用を欠いた軍学の教えを実子に伝えることは、士族としての矜持の表れであろう。
by japanbujutsu | 2015-07-21 17:40 | 秘伝書の部屋 Secret densho
甲陽流(武田流)武学之制 4

b0287744_1230552.jpg

前之字書様  口伝
右九字之事終る以上

前の字は九字の最後でありながら、文字そのものに九字が宿っている。
これは諸流の剣術伝書に出てくる「卍」の一字と同じである。
卍は尖端が4つ、角が4つ、交差が1つで、そのそれぞれに九字を配す。
そしてその尖端の4つには、それぞれ摩利支天・愛宕・観音・稲荷の四仏神が宿っている。
九字は円になり、満字(卍)は四角にになる柳生心眼流大極秘伝

b0287744_1234228.jpg

伝書に卍が描かれていて、その真意も知らずに、曲解している人たちの何と多いことか。
by japanbujutsu | 2015-07-19 12:13 | 秘伝書の部屋 Secret densho
甲陽流(武田流)武学之制 3

b0287744_12953.jpg

然れは能く武道を我か物にして身心自由有らはをのつから進む事可ならんか。故に、龍虎豹之三品に云へる如く必退即進必進即退と教る。是れ其事也。我着用の武具箱に至る迄、身心之誓決する所を書付、且尊念之を決之事、誠に湯の盤の名に云の語、日々に新にして武威盛んならむ。武威盛んにして四海大平ならむ故に前の一字武具筥へ記す事如是又九字を表するの種子は左之通。

本日は文中の「湯の盤の名(銘が正しい)」について

b0287744_1293458.jpg

湯の盤銘(とうのばんめい)
この言葉は 「礼記」 大学からきている。
殷 の湯王が沐浴 のたらいに刻んで座右の銘とした言葉である。
苟 (まこと) に日に新 (あらた) にせば、日日に新に、また日に新なり

会津日新館や柔術関口新心流などの名は、ここから採っている。
by japanbujutsu | 2015-07-17 17:37 | 秘伝書の部屋 Secret densho
甲陽流(武田流)武学之制 2

b0287744_11265681.jpg

然れは唯利説計にして、出家山伏抔の様に九字難有とて、表相のみにて其然に記たるにはあらす。九字、則卍字に進退の表裏有り。則懸中待、待中懸、或は進中退、退中進共云い必則進退に極る所、前の一字也。前は進むと読む。すすむは唯偏に先へ計掛て、行事を云にあらす。其進むと云は、武道の心徒にして、忠節忠功之一心毫厘も違所無く、身心静成る所すすむ也。子細は剣術を能くする者は手足の自由する。是を進むに仮令たり。をのつから下手は心はすすめとも、其事未熟故、身躰の自由する事不成か如し少も疑心有て進事あらんや。


懸中待、待中懸の教えは一刀流の中に出てくるので、剣道の昇段筆記試験にもよく出題される。

b0287744_11274073.jpg

懸中待
敵に向かい、激しく懸からなければ勝機はない。ところが攻めることばかりに心が囚われ、懸かる気(陽の気)ばかりが働き、守りの気(陰の気)を欠くと、敵が急変したとき、それに応じる備えがなく、敗れる原因になる。よって攻め進み懸かる際にも、敵の動きを感じ、その急変に即応する心構えを失ってはならない。そこで常に陽に発するときにも陰の意を蓄えてゆかねばならない。

待中懸
身を守るには、先ず守りを固めなければならない。しかして守り固めて待ち、踏ん張り防ぐことばかりでは勝ち目がない。敵の攻めてくるのを待つばかりでなく、その勢いの強弱を測り、打ち懸かるところがなくてはならない。待つばかりで攻める陽の気が欠けていれば、敵に先んじられ、その隙に乗ずることができない。常に敵の動静を見定め、待つ中にも懸かることを忘れず、一瞬の勝機をのがさぬようにしなければならない。

懸待一致
懸かりの太刀を正しく使うと、そのまま待の太刀となって敵の変化に即応でき、また待の太刀が正しければそのままいつでも懸の働きをし、勝機はその中にある。それは懸の後に待がくるのではなく、待の後に懸がくるのでもない、懸待一如となっているのである。

いわゆる攻防の一致を説いているわけで、これは日本刀という武器が、一つで攻めと守りの二役を担う故の事理となっている。よくよく研究されたい。
by japanbujutsu | 2015-07-15 17:41 | 秘伝書の部屋 Secret densho
甲陽流(武田流)武学之制 Kôyô(Takeda) Ryû Bugaku no sê

武田家が甲斐の国に割拠したのは戦国時代である。
当然、そこに発達したのは軍学・軍法である。
いわゆる武術は塚原卜伝の新当流をその家臣に学ばせたが、江戸時代にその実伝は絶えた。
唯一、居合が幕末まで残ったが、これも明治には消えた。
『甲陽軍鑑』など武田家の軍制を記した書籍・伝書はどこにでもたくさんある。
しかし、騎馬戦を主とした戦法の時代に武術の伝書などはほとんどなく、武田氏の軍学を学んだ者が江戸時代になってその系図を使い、剣術理論を展開したのではないだろうか。
もちろんWWⅡ後に創られた武田流合気之術などというものは江戸時代に存在するはずもない。

今回から数回にわたって紹介するのは、そんな武田流軍学の命脈を明治時代まで伝えていた八戸藩岩山氏が残した甲陽流(武田流、甲州流)伝書に見られる剣術に関する記述である。

b0287744_2338477.jpg

甲陽流武学之制
前字口訣
一 前 武道具に記之
伝に曰、前之一字を具足櫃へ付る事、其根元知る者稀也。子細は前は九字を表すとのみ覚て且て事理の分ち無し。九字を表するは唯表祇の事にして、九字の徳、前の一字徳なし。唯九字を表す迄にては武之専一とする。武道具に用るにあたらす、先以具足と云ふ物は乱世には平服にして賊兵を防ぐの然にあらずや。


b0287744_23394017.jpg


ここまでは具足櫃に九字の最後の一字「前」を記す所以を説いている。

(つづく)
by japanbujutsu | 2015-07-13 17:03 | 秘伝書の部屋 Secret densho
心形刀流の木刀

国際水月塾武術協会の会員、市村氏が今、柳剛流を中心に稽古に通っている。
それで、この流派についていろいろ調べられている。
そして、その成果は 『水月』 にも発表されている。
私は仙台で学びはしたが、教えてくれた古老たちはだれも免許をとっておらず、数名が集まっていろいろ稽古させていただいた。
私も自分の武術の見識を深めるために学んだのであり、免許もないので長い間、稽古もしなかった。
しかし、最近、関西支部長の山根氏の懇望もあって、私の知っている限りの形と技を伝えた。
そして、その情報から市村氏が通うようになったのである。
だから、私の柳剛流研究はほとんどなされていない。
その代わり市村氏が精力的に調査をしてくれている。

その柳剛流で使用する木刀であるが、武州では鍔無し無反りの直刀を使っていたようなのである。
あるいは鍔は手間がかかるので、勝手に附けなかったということも考えられる。
いくつかの稽古場、そして仙台の伝も調査が必要である。

基本的に神道流、新陰流、二天一流などは鍔をつけないが、多くの古流ではオリジナルの鍔付き木刀を有している。
そして、実のところ、柳剛流の親流儀である心形刀流でも鍔付きの木刀を使っている。

次の絵図は 『心形刀流組太刀』 (松浦史料博物館蔵) に出ているものである(「青眼刀」の形)。

b0287744_213337100.jpg

流儀の師範松浦静山直筆の伝書なので真伝である。
心形刀流と柳剛流の形はよく似ており、木刀も鍔があったのではないかと考えるが、証左は得られない。
後考に待つ。
by japanbujutsu | 2015-07-11 17:15 | 武術論考の部屋 Study

by japanbujutsu