ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

力信流の歴史

力信流の祖は、官部嵯峨入道家光。永禄年間に肥後熊本で生まれたというが確証を得ない。江戸初期より現岡山県下に広く伝播した。柔術は特に竹内流の影響下に成立したというが、他の武術は独自性の強い内容となっている。中興祖は杉山縫殿之助で、その門人大江安左衛門によって現岡山市の畑鮎に伝えられ、山の上にある寒村は武術で熱気に溢れた。

b0287744_19581624.jpg
                              力信流伝書巻頭部分


b0287744_1957677.jpg
                     大江安左衛門の次代大江和三郎(中央)一門


明治時代には幾多の名人を排出したが、特に大長九郎は稀代の達人で、後に静岡県に移住して警察関係を中心に指導した。特に棒術は昭和30年に武術としては全国で初めて県の無形文化財に指定された。しかし、昭和39年に大長が他界してからは、一気に衰退していった。

会長の恩師美和靖之師範は、大長の弟子で剣術と居合を極めた美和勝治郎の孫に当たり、祖父から居合と剣術を、鎌田忠義(大長の門人)から棒術を学ばれた。美和師範は若くして三島市内に剣道場「武修館」を設立し、現在に至るまで青少年に剣道を教授されている。

b0287744_19555314.jpg
                            大長と鎌田による棒術


力信流では免許皆伝を受けた者の諱に「光」の字を与えることになっている。

なお、流祖官部嵯峨入道家光は、昭和29年に発行された『日本武道流祖伝』に姓の官部(かんべ)を「宮部(みやべ)」と誤植され、以降、これが元となって多くの書籍・雑誌がこの誤記を検証もせず、門外漢によって盲目的に引用されてしまった。ここに訂正をする。


b0287744_1955449.jpg
                            力信流の系譜を記した伝書



系譜
b0287744_148980.jpg
流祖 官部嵯峨入道家光
二代 官部八郎左衛門藤光
三代 荒川八郎吉光
四代 片岡与八郎氏光
五代 官部逸八宗光
六代 杉山縫殿之助勝光
七代 大江安左衛門吉光
八代 大江和三郎家光
九代 大長九郎行光(右写真)
十代 美和勝治郎広光
十一代 市川弘塘光
十二代 美和靖之義光
十三代 小佐野淳藤光
十四代 山根章武光(兵庫) 平成二十六年現在、免許皆伝者一人




b0287744_13525074.jpg
                          会長が美和師範から授けられた伝書


b0287744_200930.jpg
                                武修館の額


b0287744_227862.jpg
              力信流一門が畑鮎の山上に祀った流祖神愛宕山大権現の石塔
# by japanbujutsu | 2012-11-02 20:00 | 力信流武術 Rikishin ryu
他流を稽古している者・他武術の経験者大歓迎

入門条件
 免許皆伝後、道場を開設して後継者を育成することができる者。ただし近隣・近県から通う者はこのかぎりではない。

年齢制限
 18歳以上50歳未満。近隣から通う場合は制限なし。

遠隔地から通う場合
 年間数回の通い稽古でも可。初心者は受け付けない。他武道でおよそ三年以上の経験が必要。ただし、特に武術に関する興味が強く、運動神経に優れている場合は、面接により初心者でも入門を許可する場合がある。

教授方法
 すべて個人教授。二人で通う場合は、二人で同時進行する。

流儀は選択可

段位
 国際水月塾武術協会を組織しているため、外国支部との交流を持つ必要があり、そのため世界共通の修行課程による共通の段位を与える。ただし、日本人の場合はそれとともに、古式に則った相伝方式(巻物・伝書)を採用する。

費用
 遠隔地通いは無料。近県・近隣から定期的に通う場合には、会の運営費を徴収する。


その他、入門に関する一切の問い合わせは郵便にて下記へ

403-0013
山梨県富士吉田市緑ヶ丘2-7-2
国際水月塾武術協会本部
小佐野 淳 宛て
# by japanbujutsu | 2012-11-01 21:33 | 入門要綱 Enrollment
天道流武術の歴史

まず、流儀名の「天道流」であるが、これは「てんとうりゅう」と読む。学識の欠ける者がこれを「てんどうりゅう」と読み、いつからか、なぎなた連盟の重鎮や師範家である美田村家までこれを受け入れてしまったのは、どういうわけだろう。まったく理解に苦しむ。「お天道様」を「おてんどうさま」と読むのだろうか。

天はすなわち神である。だから天道と神道は同じ意味をなす。神道は「しんとう」と読み、「しんどう」とは読まない。だから天道もまた「てんとう」と読む。

このことについて、戦前に修行をした会長の恩師阿部豊子先生は、はっきりと「てんとうりゅう」と発言していたし、阿部先生の門人で、現在、日本のなぎなた界でトップに立つ福岡の砂川碧師範もはっきりと「てんとうりゅう」と読むのが正しい、と会長に教示している。

さて、天道流は塚原卜伝の新当流から斎藤判官伝鬼房が起こした総合武術である。江戸時代中期から下河原家が相伝して幕末に至り、明治期からは美田村家が相伝した。この流儀は剣と薙刀に優れていたため、明治期には女子武道として採用され、その後、競技化して全国に普及した。したがって、現在この流儀を純粋な古流として稽古をしている道場は極めて少ない。

会長は、天道流を西垣きん師範から皆伝を受けた阿部豊子先生に学んだ。先生は晩年、和歌山県橋本市にお住まいだったため、山梨から和歌山まで通った。会長は当時すでに穴澤流薙刀の相伝を受けていたため、天道流は薙刀以外の武種である剣・小太刀・二刀・短刀・杖・鎖鎌を学び、すべて相伝した。

b0287744_20262954.jpg
                       会長に鎖鎌の操法を示す阿部豊子先生



系譜

b0287744_12195912.gif開祖 斎藤判官伝鬼房(右画像
二代 斎藤法玄
三代 斎藤牛之助
四代 日夏喜左衛門重能
五代 加古利兵衛正真
六代 村上権左衛門
七代 日夏弥助能忠
八代 下河原新内恭長
九代 下河原新内一長
十代 下河原新内一致
十一代 下河原辨辯一行
十二代 下河原唯六一弘
十三代 下河原洗一霍
十四代 美田村顯教
十五代 美田村千代
十六代 西垣きん
十七代 阿部豊子
十八代 小佐野淳

b0287744_2025575.jpg
                            薙刀を構える阿部先生


阿部豊子先生は、昭和戦前の最強柔道家阿部謙四郎の姉である。

b0287744_202472.jpg
                     阿部先生から会長に授けられた免許皆伝の奥書部分


b0287744_20272956.jpg
                      阿部先生が筆録された天道流武術の形解説書
# by japanbujutsu | 2012-10-31 20:27 | 天道流武術 Tentô ryu
仙台藩伝浅山一伝流柔術の歴史
b0287744_1944162.jpg
浅山一伝流は江戸初期の武術家浅山一伝斎(右肖像画)によって開創された総合武術で、全国諸藩に伝播した江戸期最大の流儀である。その歴史については『武術浅山一伝流』(会長著:愛隆堂)に詳しい。

仙台藩には幕末の剣豪相沢永長斎(一名岡田城松)によって藩領桃生郡永井村に伝えられた。相沢永長斎以前の系譜については不明な点が多く、考証ができない。永長斎は小野派一刀流を二本松藩で学んでこれを極め、幕末仙台藩最強の剣士と謳われた。

浅山一伝流は佐藤治郎右衛門と養子の源五郎が相伝したが、源五郎の伝は改変されて手数が少なくなっている。源五郎の子清蔵は達人で、彼の掲げた奉納額が永井の八雲神社に現存する。

b0287744_20244728.jpg
                     佐藤治郎右衛門が門人に差し出した免許皆伝書



会長の師匠佐藤泰師範は清蔵の高弟諸氏から厳しく鍛えられ、昭和の末年に会長が入門したときには村で唯一人の免許皆伝者だった。佐藤師範に教伝を受けた者は多いが、免許皆伝を受けたのは会長唯一人である。


b0287744_1441816.jpg
b0287744_21342180.jpg
b0287744_2205655.jpg
                             佐藤泰師範と稽古(1984)


b0287744_20254194.jpg
b0287744_20505423.jpg
                           佐藤師範に形の検証を受ける


b0287744_2323758.jpg
                               門人と稽古(1984)


奇抜でアクロバティックな技法故、習得が極めて難しく、会長から免許皆伝を受けた者は平成28年現在において皆無である。


系譜

流祖 浅山一伝斎
二代 浅山清賢
三代 守野入道
四代 赤山大膳
五代 安辺久保次郎定吉
六代 浅山大膳定一
七代 相沢永長斎直房
八代 相沢源五郎直光
九代 相沢清蔵直義
十代 相沢力雄
十一代 佐藤泰
十二代 小佐野淳

b0287744_14512100.jpg
                       佐藤師範から会長に授けられた免許皆伝状    
# by japanbujutsu | 2012-10-30 16:57 | 浅山一伝流柔術 Asayama ryu
渋川一流略史

柔術渋川一流は広島県の坂に幕末から伝承された柔術を主体にする総合武術である。
b0287744_16572144.jpg
広島藩士宮崎儀右衛門は藩領で難波一甫真伝流を学んだ後、江戸へ出て渋川流四代目の渋川伴五郎時英に師事して渋川流柔術を極めた。その後、宮崎は坂で「渋川流柔術」を指南するが、その内容に全く渋川流は採用されていない。流儀名だけ踏襲して内容は難波一甫真伝流の柔術と四国で相伝を受けた浅山流の諸術(棒・三尺棒・小棒・三道具・居合・捕縄・分童・十手)を混成して教えた(宮崎が師事した浅山流の師匠の名は不詳である)。高弟に首藤蔵之進満時(右写真宮田多四郎国時がある。したがって、渋川一流の実質的な開祖は宮崎儀右衛門である。

首藤蔵之進は浅山流の棒術に優れ、松山藩の指南役を務めた。首藤は宮崎から天保9年に相伝した渋川流を「渋川一流」と改名した。

b0287744_172098.jpg
                      天保9年、宮崎から首藤に授けられた伝授巻


「○○一流」というのは中国・九州地方特有の命名慣習 であり、宮本武蔵の二天一流、広島の難波一甫真伝真得一流、長州藩の専当一身一流柔術、福岡・熊本の扱心一流など皆、その例である。渋川一流は渋川流と浅山一伝流の「一」を合わせたことにより命名されたという説を唱える人もいるが、これは誤りで、宮崎と首藤が学んだのは「浅山流」であって、浅山一伝流ではない。慣習によって渋川一流としただけのことである。

また、浅山流の居合は明治以降、首藤が「時代にそぐわない」という理由で伝授を廃止したため、失伝した。

明治期に首藤から相伝を受けた者は皆、道場を構えて指南したため、坂町の男子は皆、渋川一流を稽古した。

b0287744_1761693.jpg
         明治28年、首藤の門人川野幸八によって坂の八幡神社に掲げられた奉納額


しかし、昭和三十年代を境にして急速に衰え、会長が昭和六十一年に坂町を訪れたときには、役場の教育委員会でさえ「渋川一流は絶えました」と返事をするほどで、当時、広島で稽古をする者は皆無であった。

会長は入念な調査により、谷田朝雄師範を探し当て、教授を請い、山梨から通って指南免許を許され、山梨で稽古を続けた。その後、谷田師範が病身となられたことにより、師範の紹介で畝重實師範にも師事し、畝師範からも相伝を受けた。その後、若干の人が畝師範に入門して、今は畝伝が広島で稽古されている。

b0287744_17162374.jpg
                 会長が授けられた伝授巻の相伝者が記載された部分


谷田伝の相伝を受けたのは会長一人のみであり(谷田師範からの唯授一人の証明書あり)、国際水月塾武術協会では谷田伝を稽古している。今ではドイツやルーマニアでも稽古をする者ができた。

b0287744_20391617.jpg
b0287744_20393751.jpg
b0287744_2040255.jpg
b0287744_20405327.jpg
                           谷田師範と会長の稽古


系譜

初代 宮崎儀右衛門満義
二代 首藤蔵之進満時
三代 宮田友吉国嗣
    小末繁太郎国時
四代 谷田重一嗣時
五代 谷田朝雄時信
六代 小佐野淳信常

b0287744_1742387.jpg
                           宮田友吉・玉吉兄弟、共に達人


b0287744_1533781.jpg
                   谷田重一とその門下生(1939年、谷田朝雄師範撮影)


b0287744_2115050.jpg
    谷田重一師範の門人で唯一健在の久保歳之師範からドイツの門人とともに指導を受ける(平成22年)

b0287744_20424162.jpg
                             畝重實師範と稽古
# by japanbujutsu | 2012-10-29 21:06 | 渋川一流柔術 Shibukawa

by japanbujutsu