ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

協会制定日本柔術の成り立ち

国際水月塾武術協会における日本柔術課程の技法は、会長が学んだ古流柔術数流派より抜粋された形を元に、楊心流柔術の事理を採用して編成された総合柔術である。形の相伝に際しては「甲陽水月流柔術」という名称を用い、伝授巻を発行するが、これは流儀を継承する者のために正式伝法として行われるものであり、一般会員は段位と免状により、伝授を行う。

その元となった流儀は、大和道(佐藤金兵衛師範より認可)、天神真楊流、大東流、荒木新流、大倉伝浅山一伝流、武田流(以上は西郡多喜雄師範伝)、鹿島神流、神道六合流、九鬼神流、甲州陣屋伝捕手術、(以上は日本各地で修行)などであり、これらを取捨選択、統合編成して昭和の末年に創始した。

 
この日本柔術を学ぶことにより、武術に必要な体を錬ることができ、以降に学ぶ古流各派の武術修行に益するところ大である。

国際武道院在籍時代には日本柔術部会の課程として認可され、海外にも広く普及した。現在、ヨーロッパを中心に数百名の会員が学んでいる。

現在、師範資格を有しているのは、広島支部長浜田恒男、神奈川支部長對木佳史、神奈川支部師範代池田耕治、関西支部長山根章、ハンガリー本部Mellik Bela、ブダペスト支部Jurecz Istvan、ミシュコルツ支部Bordas Gyula、ドイツ支部Carsten Schroederの各氏である。

b0287744_2126399.jpg
                                  半棒術


b0287744_212650100.jpg
                                  太刀捕
# by japanbujutsu | 2012-11-08 21:35 | 日本柔術 Nihon Jûjutsu
柴真揚流の歴史

流祖は浜松の人藤田銀八郎で、初め天神真楊流・楊心流・真神道流を合わせて柴新流を創始し、後に門人矢田鉄之助と協力して柴真揚流と改称し、矢田が二代目を継承した。三代目は丸亀藩士斎田五郎尊房が相伝して讃岐に伝え、四代目は同じ丸亀の渡辺豊監物が継いだ。五代目は慶應大出身のインテリで柔道の達人だった三野剛嗣が継ぎ、昭和二十三年に渡辺から相伝して、自宅に修盟館道場を開いて柔道と柴真揚流を教えた。

b0287744_2312349.jpg
                      柴真揚流の伝書末尾に記された相伝者系譜


柴真揚流では三野守造渡辺亥之介が免許を、町川清師範外数名が目録に達した。

会長は町川清師範に目録までの形を学び、継承している。現在、会長の他に伝える人はいない。

b0287744_2315119.jpg

b0287744_02539.jpg
                            町川師範と会長の稽古
# by japanbujutsu | 2012-11-07 23:03 | 柴真揚流柔術 Shibashinyô
金鷹拳の歴史

歴史・技法、その他金鷹拳に関するすべてのことは会長著『金鷹拳』(新紀元社)に詳しいので、そちらを参照されたい。ここではその概略を紹介する。

金鷹拳の祖は中国福建省出身の劉明善である。南派少林系の武術を学んで極め、清朝の道光8年(1828)に台湾に渡って武術を教えた。それが金鷹拳の始まりである。現在、中国には同じ拳法が存在しないため、金鷹拳は台湾で生まれた拳法であると言ってもよい。

b0287744_14354221.jpg
                               始祖劉明善


彼は台湾南部の西螺にあって振興社を設立し、ここで金鷹拳と医学を教えた。多くの門人を育成したが、その中から廖自善と廖良善が出て、廖良善の門からは蔡秋風が傑出した。その門人呉幸が彰化に伝え、その高弟陳炎順師父が会長の恩師である。



b0287744_20354357.jpg
               四代伝人呉幸一門(前列中央が呉幸、右端が陳炎順師父)


金鷹拳を教える武館を振興社といい、台湾南部には現在でも多くの振興社があり、各地で若者が修行している。しかし、多くの振興社で古伝の套路を崩しており、中には金鷹拳とは言いがたいようなものもある。古伝をもっともよく伝えているのが振興社彰化団である。

日本には陳炎順師父が伝え、会長が大学時代に在籍していた全日本中国拳法連盟で陳師父から習った人たちが教えていた。しかし、その人たちが陳師父から習った期間は極めて短かったため、ここで教授されていた金鷹拳は套路に誤りが多く、動作そのものが原理を逸脱していた。そのため会長は単身で台湾に渡り、振興社彰化団で陳師父から直伝を受けた。

b0287744_1435063.jpg
                  日本での普及に対し、陳炎順師父より奨状を拝受する


陳師父没後は総教練劉国良老師に学び、先年、日本における「総教練」の資格を拝受した。

b0287744_14342164.jpg
                         会長に授与された総教練の免状


b0287744_1416295.jpg
                           ルーマニアで金鷹拳を指導
# by japanbujutsu | 2012-11-07 20:37 | 台湾彰化金鷹拳 Kung-fu
八戸藩伝神道無念流居合

神道無念流は一円流剣術を学んだ福井兵右衛門によって開かれた剣と居合の流儀である。信州飯縄権現の夢想で開眼し、五加五行、非打十本、立居合十二剣、統合二剣を案出して神道無念流を立てた。二代目は戸賀崎熊太郎暉芳が継承し、江戸と現埼玉県の清久村で教授した。

戸賀崎熊太郎暉芳の門人でもっとも傑出したのは岡田十松吉利である。斎藤弥九郎、藤田東湖、永倉新八、江川太郎左衛門、渡辺崋山、金子健四郎など、皆岡田十松の門人である。

八戸藩には岡田十松吉利の子、十松利貞に学んだ佐藤万次郎が伝えた。佐藤の後は、中里好環、前田利見と相伝し、明治期の達人北村益に至る。北村は昭和戦前まで精力的に活動し、古武道大会にも率先して出場し、八戸藩の武術を披露した。

b0287744_20225421.jpg
                      岡田十松利章(利貞の次代)が差し出した伝書


b0287744_12325489.jpg
佐藤万次郎から中里好環に差し出された伝書の著名部分








b0287744_17511323.jpg
      佐藤万次郎が差し出した『神道無念流剣術秘伝巻』-武士の刀に対する心得が詳細に記されている



会長の恩師小瀬川充師範は北村益から立居合の免許皆伝を授かり、全日本居合道連盟に加盟して、その普及に尽力された。なお、小瀬川師範は自ら工夫した居合を合神承伝流と称した。



b0287744_12352699.jpg

会長が小瀬川師範から授けられた教授の推挙状




現在、全国には数派の神道無念流が伝えられているが、八戸藩伝はそのいずれとも大きく趣を異にしている。



b0287744_12252999.jpgb0287744_12401459.jpg










北村益                                           小瀬川充師範


系譜

流祖 福井兵右衛門嘉平
二代 戸賀崎熊太郎暉芳
三代 岡田十松吉利
四代 岡田十松利貞
五代 佐藤万次郎成方
六代 中里好環
七代 前田利見
八代 北村益
九代 小瀬川充
十代 小佐野淳

b0287744_2025732.jpg
                         松代藩文武学校で演武する会長




 
# by japanbujutsu | 2012-11-06 20:25 | 神道無念流居合 Munen ryu
柳生心眼流の歴史

古武道としては大東流と並んで若者に人気のある流儀なので、柳生心眼流に関する情報は巷にあふれている。ここではその概略にとどめたい。
b0287744_222414.jpg
開祖は竹永隼人。仙台藩北部に広く伝播した総合武術である。

幕末に柳生心眼流の一部の派は拳法技法を伝えるようになり、明治になって星貞吉が現れて、登米郡から栗原郡一帯にさらに広く普及した。特に拳法では高橋彦吉が優れ、その門人鈴木兵吉(右写真)も達人と称された。
b0287744_2122383.jpg
                  鈴木兵吉から齋田茂七に授けられた『神通秘法巻』


栗原郡には他にも明治時代に高橋市内勝義の柳生志限流柔拳法があり、この伝は後に岩手県釜石に伝えられた。

これらの伝とは別に桃生郡には竹永の古伝が残り、昭和の代まで残っていたが、会長が昭和末年に訪ねたときには古老が伝えるのみで、後継者はいなかった。

星貞吉の伝はその後、数系統に分かれ、現在でも稽古が続けられている。

会長は最初、大学時代に西郡多喜雄師範に学び(この系統は21箇条を伝えるのみ)、大学卒業後、島津兼治師範にマンツーマンで3年間師事し(外弟子のため未相伝)、さらに宮城県鹿島台で鈴木兵吉伝の兵術柔を遠山国男師範及び奥山清太郎師範に学んで相伝し、また、釜石伝を宮本鶴松師範に学んだ。

b0287744_21374358.jpg
        鹿島台大迫の遠山国男師範宅にて(左から遠山師範、武田軍虎師範、熊谷、小佐野)


系譜
b0287744_18292023.jpg
流祖 竹永隼人
二代 吉川市郎右衛門
三代 伊藤久三郎
四代 小山左門行房
五代 相沢忠之進
六代 千葉義祐
七代 佐竹森之助
八代 加藤権蔵
九代 星貞吉義治右写真
十代 高橋彦吉政治
十一代 鈴木兵吉武盛
十二代 鈴木専作猛盛
十三代 佐藤金兵衛清明(21箇条のみ)
十四代 西郡多喜雄明盛
十五代 小佐野淳(21箇条相伝)




b0287744_2232467.jpg

十二代 斎田茂七義則右写真
十三代 阿部睦男忠則
十四代 武田軍虎仁則
十五代 遠山国男国義
十六代 小佐野淳忠盛(77箇条相伝)

十四代 箭内一孝則
十五代 奥山清太郎武則
十六代 小佐野淳常則(77箇条及び陰陽鍛身流相伝)
b0287744_18563452.jpg
                            陰陽鍛身流二丁短棒術





b0287744_21323529.jpg
                     会長が西郡多喜雄師範から授けられた伝書 


b0287744_21332975.jpg
                   会長が遠山国男師範から授けられた免許御免目録


b0287744_213427100.jpg
                  会長が奥山清太郎師範から授けられた免許御免目録


b0287744_18463494.jpg
                斎田茂七(鈴木兵吉門人)から菅原司に授けられた「大巳貴命伝」

b0287744_18485356.jpg



















菅原司

# by japanbujutsu | 2012-11-05 21:37 | 柳生心眼流兵術 Shingan ryu

by japanbujutsu