ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

古武道に宗家なし

昭和の戦後、古武道の正しい相伝方式を知らぬ者たちが、免許皆伝を受けて次々と「宗家」を名乗りだした。
元々、古武道の世界には宗家というものは存在していない。

宗家は一つの流儀を学ぶ全国の門人を掌握する統括組織の元締め(家元)を意味している。だから華道や茶道には宗家がある。華道や茶道は師範になると弟子を取って指導をすることができるが、宗家から独立することは許されず、弟子の入門から階級伝授まですべて宗家に報告をして、金銭を上納するシステムである(不完全相伝)。だから当然のことながら宗家は一つしか存在しない。

ここまでは理解できたであろうか。

武道でも柔道は講道館(全日本柔道連盟)、剣道は全日本剣道連盟が段位の発行権を独占しており、正に宗家と同質の組織となっている。だから、現代武道を修行する者たちは一度も見たことのない先生の名前が入った段位証書をもらうことになる。自分が普段、通っている道場の先生は何もくれない。

ここまでは理解できたであろうか。

古武道は茶道や華道、あるいは現代武道とは全く違ったシステムを持っている。弟子は免許皆伝を受けるとその師範から独立して道場を構え、独立して弟子を取り、自分で弟子に資格を与えることができるようになる(完全相伝)。武士はある藩で、ある流儀の免許皆伝を受けると他藩に招かれたり、あるいは他藩の者を受け入れたりして武術を教授できるようになる。藩外不出などという流儀は江戸時代に存在した記録はない。一つの流儀がいろいろな藩で教授されていたことは周知の事実である。それらの流儀の師範は皆、それぞれ自分で弟子を育て、自分で弟子に免許皆伝を与えることができる。だから江戸時代の武術には「宗家」はあり得ない。

ここまでは理解できたであろうか。

現代の古武道界を見ると、ものすごい宗家の数である。一つの流儀で、二つも三つも宗家が存在している場合がある。それぞれが勝手に名乗っていることが明白である。免許皆伝=宗家だと思っていることがそもそもの間違いである。宗家を名乗っている者は自分の弟子の中からもたった一人の宗家しか出さないのであろうか。他の免許皆伝を持つ優れた弟子は、師匠が自分ではない誰かを宗家に指名することをどのように思うのだろうか。いくら免許皆伝になっても、宗家でない者は自分の弟子に免許を与えることができない。入門者がある度に宗家に報告をしなければならない。月謝の一部は宗家に上納しなければならない。現在、宗家を名乗っている道場で、もしこのことが正しく実行されていないとしたら、それは実質的に宗家ではなく、ただ宗家を名乗っているに過ぎないのである。宗家を名乗る自分の師匠は、同じ流儀の他の道場の免許を発行しているのだろうか。同じ流儀名の他の道場の師範は宗家の道場に定期的に研修や稽古に来ているだろうか。

ここまで理解できれば、古武道に宗家があることがいかに不自然で、あり得ないことかお分かりいただけたと思う。
正木流の故名和弓雄先生は、この意見に賛同されて、自ら名乗っていた正木流の宗家を平成10年に廃止している。

なお、例外的に江戸時代、江戸で宗家制度を敷いていた流儀が二つある。浅山一伝流と天神真楊流である。この二流は江戸に参勤交代でやって来る諸藩士に指導をしたため、流儀を全国的に組織することが可能であった。しかし、廃藩後、参勤交代も廃止され、江戸では武術も廃れていき、この二流儀の宗家制度は簡単に崩れ去った。

b0287744_21325852.jpg
                  江戸時代に浅山一伝流の家元をなした森戸家の系譜
# by japanbujutsu | 2013-02-22 21:34 | 武術論考の部屋 Study

『穴澤流長刀表目録』


b0287744_2323540.jpg


穴澤流長刀(薙刀)は、その伝播を調べてみると、全国諸藩に伝統の根を下ろしており、間違いなく江戸時代の薙刀における最有力流儀であったことがわかる。

しかし、その内容を見てみると、同じ穴澤流であっても藩が異なれば、内容までもが全く異なっているのは、江戸初期にそれぞれが分派し、各藩で独自の工夫が加えられたことによるものと思われる。

現在、伝えられている新庄藩伝と八戸藩伝を比べても全く別流儀の感である。

今回紹介する伝書『穴澤流長刀表目録』は、どこの藩に伝承した系統か不明である。内容には首を捻りたくなるようなことが散見されるが、ここでは触れずにおこう。

最初に裃を着用した二人の武士が、礼法で薙刀と二刀を合わせている。形は太刀合段、長刀合真位、鑓合真位、真位勝、真位、真位勝の各段から構成されている。

b0287744_2323216.jpg


この伝書では、流祖を「穴澤官山」とし、武州河越の住人としている。流系は江戸中期に竹内家に八伝しており、流裔杉七兵衛に至る。伝書は杉から天保十一年に渡辺恵助に授けられたもの。
# by japanbujutsu | 2013-02-16 23:23 | 秘伝書の部屋 Secret densho
七座之伝

b0287744_21543534.jpg


武術伝書にこのような絵図が描かれているのは極めて稀である。

この伝書は、明治年間に「広島文武館」で発行されたもので、難波一甫流を母体とした総合武術を教授していた模様である。

平安座 前で手を組む
訓貴座 腿の付け根に手を置く
對貴座 指を前に向けて腿上に置く
臨貴座 股立に両手を入れる
失貴座 片手を脇に挟む
失意座 両腕を組む
無體座 両腕を寄せる

無體座以外は膝を大きく開いて、胡座に近い坐り方をしていることが想像される。その他の区別は手の置き様に拠っている。

何を調べてもこのような座法を解説している文献はない。好著『日本人の坐り方』(矢田部英正著:集英社新書)にも記述は見られない。しかし、これが侍の、そして武家の伝統であり、文化でもある。

後考に期す。

その他、文武館で稽古された形目録が総覧でき、さらに捕縄や胴釈(人体急所図)之伝などが図解されている。

b0287744_22182444.jpg


b0287744_22183958.jpg

# by japanbujutsu | 2013-02-10 21:56 | 秘伝書の部屋 Secret densho
本邦柔術の最高水準に達した柴真揚流の当身秘伝

江戸時代には様々な流儀で当身の研究がなされたが、古今東西、柴真揚流の水準に達した流儀はない。すなわち日本柔術の当身の研究においてダントツに優れた内容を持つのがこの柴真揚流である。

b0287744_0504444.jpg


一つの形の中においても必ず当身が2~3回入り、最後のトドメは肘当を打ち落とす。凄まじい柔術である。

b0287744_13373621.jpg
                            捕:町川師範  受:会長

この柴真揚流には最高秘伝として「遠当の秘術」が伝えられた。これにもいくつかの種類があり、砂と毒粉を混ぜたものや化学物質を合成して作ったものもある。驚くべきことに柴真揚流では「サリン」と同質の劇薬を考案していて、戦時中に効果大として表彰を受けている。これらの遠当の術は道場を閉め切って、年に何回か実地練習を行っていたとのことである。
# by japanbujutsu | 2013-02-03 13:43 | 柴真揚流柔術 Shibashinyô
武蔵流剣術印可之伝 五角之秘術

b0287744_2030360.jpg


八戸藩に武蔵流剣術が伝えられていた。宮本武蔵流ともいい、武芸十八般を修めた岩山勘解由が師範家だった。

五角之秘術というのは日常の心得、すなわち外之物の伝のことをいう。

伝書の前書に、
伝に曰此伝五角と号す事則ち敵四方に有て我中央に有・・・
とある。

その五箇条とは、

一、寝間之用心恪勤之事
一、昼夜通路用心覚悟之事
一、門戸出入渾而往来用心恪悟事
一、常に起居嗜之事
一、抜付之大事

たとえば、抜付之大事には次のようなことが書かれている。
二人請たる時、真中に目付、右の方の人を踏込切り受なから、左りえ廻り切るへし。幾度も如是すへし。是習之大事也。
とある。

五つにまとめたところが何とも武蔵流らしくてよいが、実はこの第一箇条の寝間之用心が神道無念流の秘伝にそのまま盗用されている。伝書の一部を盗用することはよくあることだが、あまり好ましいことではない。特に八戸藩伝の神道無念流を修行する者としては複雑な気持ちである。
# by japanbujutsu | 2013-02-02 20:31 | 秘伝書の部屋 Secret densho

by japanbujutsu