ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

関口流のビックリ伝書 ③

さらに読み込んでいくと、柔の極意に「由井正雪手繰」という殺活の伝がある。

b0287744_2317586.jpg

これは学んでみたい。
説明を聞かされると、歴史好きにはたまらないだろうと思う。

それにしても慶安の変は当時にしてみれば空前絶後のクーデターであったわけであるから、その殺活には筆者も大いに興味がある。





(つづく)
# by japanbujutsu | 2017-07-29 17:12 | 関口流抜刀 Sekiguchi ryu
関口流のビックリ伝書 ②

この伝書で驚くのはまだ早い。
居合の箇条を見ていくと、そこには「君不知」というロマンチックな名前の形が姿を見せる。

b0287744_2304714.jpg

否、日本酒の銘柄としても使えそうだ。
君不知といえば、関東ではほとんど入手できないが、福岡県の筑前あさくら産のブランド米が有名である。

それにしても「恋剣」 を 「忍剣」 にして 「君不知」 を加えるなんぞ、いいもの物語じゃないか。
でも一体どんな形なのだろうか。




(つづく)
# by japanbujutsu | 2017-07-27 17:51 | 関口流抜刀 Sekiguchi ryu
関口流のビックリ伝書 ①

一つの流儀をいろいろ研究していると、いろいろな出合いがある。
もちろん研究材料は一級資料の江戸期伝書である。

今回、取り上げるのは 『関口新心流柔』 というかなり奇妙な伝書。
流儀の各派にはそれぞれ累代相伝者の工夫があるから、それを見るのもまた伝書研究の楽しみである。
古伝を墨守した上での加条であれば何ら問題のあることではない。

体系を見ると、古伝通り、柔術の基本が終わった段階で居合の伝授がある。
こうした流儀の修行階梯は非常に重要なことであるが、残念ながら居合だけしか伝えていない肥後関口流にはこのような楽しみがない。
柳剛流でも剣術の基本を教えながら、同時に突杖 (とつじょう) や居合を稽古していく。

さてその伝書に記された居合の箇条を見ていくと、なんと本来の 「恋剣」 が 「忍剣」 と誤記されている。

b0287744_22491727.jpg

これでは形の意味するものがまったく伝わらなくなってしまう。
本当にこの伝書は発行者が筆記したのだろうかという疑問が出てくる。
相伝者が筆記したのであれば、間違ってはならぬミスである。





(つづく)
# by japanbujutsu | 2017-07-25 17:35 | 関口流抜刀 Sekiguchi ryu
創作武術のお粗末

先日、ふと見た動画。
あれれ、○○流とまったく同じ技じゃないか・・・
盗んだ流儀も盗まれた流儀も双方創作流儀。

創作武術が別の創作武術から技を盗む。
笑えないほどお粗末。
しかも双方が歴史をねつ造。

武田惣角ほどの神技に至れば創作でも話は別であるが。

b0287744_22101077.jpg






(完)
# by japanbujutsu | 2017-07-23 17:58 | 武術論考の部屋 Study
名人・達人

名人・達人になる人となれない人。
どこが違うのか。
それは二つしかない。
才能と熱意。
これは武術に限ってのことではない。
学問も芸術もすべて同じ。
才能は先天的なものだからどうにもならないが、熱意がないというのもどうしようもない。
勉強ができない奴のほとんどは熱意の欠如。
武術も同じ。
多くの者は極めようとはせず、ただやっているだけ。
スポーツや娯楽だったらそれでもいいが、稽古をすぐに休んだり、教えた技を繰り返し稽古ができない、そんな熱意の欠如している者は武術なんぞやらない方がいい。
達人はもうこの先、世に現れることはないのだろうか。








(完)
# by japanbujutsu | 2017-07-21 21:54 | 武術論考の部屋 Study

by japanbujutsu