ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

膝丈着物

武術の稽古着というのは江戸時代も末期に近づいてから登場した物。
それまでは日常着用している平服で稽古も行われた。

その場合、裾丈が長いときには裾をたくし上げ、腰帯に挟んで尻からげの格好になる。
だから当然、褌は丸見えである。

しかし、この絵目録のように、元から膝丈の着物もあったわけである。

b0287744_20595131.jpg

これに袴を着ければ畏まった稽古スタイルになる。

骨董市へ行くと、時間があれば時代着物を見るのであるが、なかなか我が身の丈にフィットするものがない。
おまけに武術の稽古に使えそうな一重の綿着物など滅多にお目にかかれない。

たまには着流しで稽古でもしてみようか。





(完)
# by japanbujutsu | 2017-09-04 20:50 | 武術論考の部屋 Study
六寸鉄

以前にも一度紹介したことのあるこの六寸鉄と称する柔術附属の道具。
六寸鉄という名前は名和弓雄氏の命名だろう。
このような特殊道具は各流儀でそれぞれ固有の名称を持つのが普通である。

名和氏とは生前、武術の勉強のためによく阿佐ヶ谷の自宅にお邪魔させていただいた。
その名和氏が絶賛したのがこの六寸鉄。
次回の著書で紹介したいので貸してほしいと依頼された直後に黄泉の客となられてしまった。

この六寸鉄は、おそらく使用した武士の注文で鍛冶職人が打ったものだろう。

b0287744_21472629.jpg

頭部には球形の真鍮製突起が付き、尾部には手貫紐の穴が穿ってあり、菊座が付けられている。
そして頭部の下には細い縄線が一本添えられている。

武士はこうした武具の細かいところにも気を使ったものである。
現代の古武道を嗜むセンスのない人たちとは大違い。






(完)
# by japanbujutsu | 2017-09-02 17:22 | 武具の部屋 Arms
国際水月塾武術協会の活動目的

国際水月塾武術協会では、単に武術を稽古することだけを目的とせず、稽古を通してその向こうにある人類を平和に導くという崇高な目的をもって活動している。

The objective of the ISBA are to promote and popularize japanese traditional bujutsu and chinese kung-fu as well as to work for world peace and goodwill.

これは当会で有段者 (本部登録正会員) に持たせている 『武術手帳』 に明記されている一文である。

b0287744_19513792.jpg

だから当会では稽古やセミナーの後に必ず宴会(交流)の場を用意する。

b0287744_1952077.jpg

これなくして当会の活動もあり得ない。





(完)
# by japanbujutsu | 2017-08-31 17:40 | 武術論考の部屋 Study
門を破るー入身ー

敵が長柄の道具を持っている場合、その道具の操作をさせないためには我が入身をする必要がある。

新陰流の極意「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」とはそのことを説いている。
あるいは武術では「勝つための極意は相打ちの覚悟にあり」とも説いている。
これらはすべて入身の大事を説いている。

柔術でも敵に第二の攻撃をさせないために、敵が第一の攻撃を仕掛けてきたとき、身を捨てる覚悟で敵の下に入身するのを極意としている。

しかし、その入身にもしっかりとそれを遂行するための、「敵の門を破る口伝」が各流派にある。
敵はその得物によって、あるいは自ら技を仕掛けることによって、自らの門を護っているのである。
だからこそ、我はその門を突破する技術を必要とする。

それが「入身」。
武術では群を抜いて難しい技術である。
よくよく工夫をされたい。

写真は柳生志限流柔拳法の門破り入身の技。

b0287744_1982281.jpg








(完)
# by japanbujutsu | 2017-08-29 19:08 | 技法研究の部屋 Skill
股立を取る

どうして、最近の古流を稽古する人たちは袴の股立を取らないのだろうか。

踝も隠れるような長い袴を着けているのだから、稽古のときは股立ちを取るべきだろう。
これも歴代師範たちの慣習が伝えられていない証拠である。

敢えて言えば、古流の7~8割は、股立を取る慣習があったと思われる。

槍の佐分利流は常に取っているが、宝蔵院流は取ったり取らなかったり。
剣術でも念流はよく伝統を守り、股立ちをとっている。

股立を取らないということは、演武全体が腰高になっている証拠でもあり、動きが正しくない証拠でもある。

写真は仙台藩伝柳剛流剣術のセミナー(ブダペスト)

b0287744_21133999.jpg







(完)
# by japanbujutsu | 2017-08-26 21:14 | 武術論考の部屋 Study

by japanbujutsu