ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

小沢彦遅の墓

富士吉田市内の某寺に所用があって出かけた。

そこには幕末戊辰戦において朝廷方について働きをなした報国蒼龍隊士、小沢彦遅の墓がある。

b0287744_20465343.jpg

蒼龍隊は富士浅間師職の御師が結成した勤皇隊である。

小沢家は代々御師職にあり、幕末の彦遅は志摩守の国名を持つ神官であり、苗字帯刀が許されていた。

この彦遅、小野派一刀流剣術と宝蔵院流鎗術を極め、小沢家には巻物や木刀、稽古道具などが残る。
(詳細は拙著『富士北麓幕末偉人伝』を参照ください)

彦遅の墓参りをしていると、どこからともなく一匹の猫が現れ、挨拶をして帰って行った。

b0287744_20471251.jpg

彦遅が挨拶にきてくれたのだと思った。






(完)
by japanbujutsu | 2018-04-11 17:36 | 武術論考の部屋 Study