ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

後ろ足の踵

後ろ足の踵

正統古流の姿勢・技法で絶対にやってはいけないことの一つ。

その一つが居合の場合に斬りつけ時や納刀時において後足の踵が浮くこと。

b0287744_20351114.jpg


これは古流ではタブーである。

居合は剣道と兼修する者が多いので 「撞木足」 を苦手とする者が多い。

そもそも後足の爪先が前を向くこと自体、古流ではありえないのである。
地 (床) から力 (エネルギー) を得ることが不可能となるために、下丹田に力が入らない。
さらに足の重要な指使いができない。
その他、欠点だらけの足使いになってしまう。

それがスポーツならば何も言わないが、「武道」 を標榜するのであれば、それはとんだ見当違いであろう。

現代制定居合と古流居合を兼修するのは両者にとって大なる弊害である。






(完)
by japanbujutsu | 2018-05-10 17:20 | 技法研究の部屋 Skill