ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

袴と股引

袴と股引

これは合気道の稽古。

b0287744_21523473.jpg

どうして同じ稽古場に袴をはいている人とはいていない人が混ざっているのだろう。
有段者以外は袴を着けさせないのだとか。
訳がわからない。
武士と町人の稽古なのだろうか。

袴をはいていても足の動きはわかる。
指導上の都合などと 「都合のいいこと」 を言っているようだが、単に差別化して有段者が偉いことを誇示しているだけにしか見えない。
剣道も弓道も初心者から袴を着ける。
聞くところによれば薙刀の稽古でも足袋をはいて稽古できるのは高段者だけだとか。

どうして不合理なことに稽古をしている門人たちは異議を唱えないのだろうか?
それって奴隷制度と同じなのでは?
かつてドイツで演武会をしたとき、香取神道流の人たちが師範以外全員袴なしで居合を演武していた。
その滑稽さに仰天した。






(完)
by japanbujutsu | 2018-05-18 17:43 | 武術論考の部屋 Study