ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

甲陽水月流手内剣(水月針剣)天剣を打つ

甲陽水月流手内剣(水月針剣)天剣を打つ

正統な手裏剣術が全国どこにも伝承されていないので、残されている確かな文献から古(いにしえ)の技法を探求し、実践していくしか、その道を究める方法はない。

正統だと期待していた某流派の手裏剣術が、とある流派からの転用であると聞いてガッカリした。

さて、当国際水月塾武術協会で稽古している甲陽水月流手内剣は、打法は根岸流と大差はないが、身体の使い方はまったく違っている(制剛心照流に倣う)。
それは何度も書くように、我が流派の手内剣は右足前の右手打ち、すなわち順体打ちであること。
最初は左足前で構え、右足を進めて順体で打つ。
だから敵との間合いは打つ瞬間に三尺ほど詰まる。
剣の袈裟斬りをそのまま手裏剣に応用した打法である。

このところ三間から天剣(七寸水月針剣)を放つ稽古を専らとしているが、本日は10分間打ち続けて全中という奇跡的な稽古ができた。

b0287744_20291059.jpg

久しぶりに雨が上がったので、調子がよかったのかもしれない。
本日の狙いは 「水月」。

かなりまとまって的中した。





(完)
by japanbujutsu | 2018-06-21 20:29 | 手内剣探究 shunaiken

by japanbujutsu