ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

カテゴリ:技法研究の部屋 Skill ( 140 )

姿勢と正中線のこと

武芸の形を演じるとき、もっとも注意しなければならないのは、言うまでもなく姿勢である。
正中線を立て、体が傾かず、両眼は平視して、体を揺らさず、機敏に動く。

形の上手下手は歩く姿勢からもわかる。
姿勢の悪い人、とくに猫背(かつては「せむし」と呼ばれた)の人は、まず、日常胸を張ることを意識して身体を矯正しないといけない。

最近は感動するような演武をほとんど見ることができなくなってしまったが、筆者が素晴らしい演武だと思うのはかつて鳥飼よし女史が演じた香取神道流の薙刀である。
上記の条件を見事に体現している。





理想の形を演じ切っている。
これこそが古流の妙技と言えるのではなかろうか。
よくよく吟味あるべし。






(完)
by japanbujutsu | 2018-04-18 17:40 | 技法研究の部屋 Skill
姿勢について

武術の形で最も重要な姿勢について少しだけ述べたい。
形を演じるには理に適った姿勢が求められる。
形において静止した姿勢が構えである。
形は構えから次の構えに至る動作の連続によって成り立っている。
だから初心者は徹底してこの構えに習熟しなければならない。
ここで正しい姿勢の習得を怠ると、以後に学ぶ形は総崩れになる。
結局、姿勢が悪いから何をやっても様にならない。
こういう人をこれまで何人も見てきた。
残念ながら体質的、感覚的なこともあり、矯正は非常に難しい。
何より本人がその崩れた姿勢について自覚していないのだからどうしようもない。

b0287744_21283147.jpg
























この終始、正中線が崩れない香取神道流薙刀を演じる鳥飼よし女史の演武(ユーチューブで視聴可)をよく見て欲しい。







(完)
by japanbujutsu | 2018-03-29 17:16 | 技法研究の部屋 Skill
所作をなくした某古流

某古流柔術の演武を見た。
しかしそれはもはや古流ではなかった。
流祖および近世の歴代相伝者にも無礼である。
まず、古流にもっとも必要な技以外の所作がない。
形には前心、通心(技)、残心、復位と一つの形の中に四つのパーツが組み込まれていて、これが連環して一つの形が成り立っている。
しかし、某流には技以外の三つがまったく見られない。
酷いのは残心がなく、しかも復位するときに相手に背を向けてぶらぶら歩き、視線を相手から外している。
両手の置き場所も滅茶苦茶。
明治以降の相伝者がしっかりとした稽古をやってこなかった証拠である。

b0287744_21361643.jpg

戸塚派揚心流柔術の礼法






(完)
by japanbujutsu | 2018-03-20 17:29 | 技法研究の部屋 Skill
三尺刀による鞘捌き

先日の水月塾野外稽古場での独り稽古で、三尺刀の鞘捌きを稽古した。

b0287744_13482943.jpg

抜刀の瞬間に鞘を後ろ腰に引く稽古である。

b0287744_13481317.jpg

三尺刀では、抜いた後の鞘がその後の動作の邪魔になるため、こうした特殊な鞘捌きが必要になる。
だから当然、帯は袴の外に締める。
古伝を探求するのは非常に有意義な稽古となる。






(完)
by japanbujutsu | 2018-03-12 17:41 | 技法研究の部屋 Skill
蜘蛛手切

四天流剣術の 「陰之巻」 の初本 (一本目) は 「蜘蛛手切之事」 である。

b0287744_16415915.jpg

これについていろいろ考えた結果、次の結論を得た。

すなわち、その前に学ぶ 「四天之巻」 の 四手が 「東方剣之事」 「南方剣之事」 「北方剣之事」 「西方剣之事」 であるのを承けて、この 「蜘蛛手切之事」 はいわゆる 「八方切」 のことを言っているのである。
蜘蛛の足のように放射状に広がり、または組み合わされている状態を 「蜘蛛手」 といい、また、刀を四方八方に振り回す様子にも使われる。

蜘蛛の手は八方向に出ているから、八方塞がりの状態で戦う剣術の一手に違いない。




(完)
by japanbujutsu | 2017-12-29 17:09 | 技法研究の部屋 Skill
夢の枕

堀藤右衛門を祖とする無眼流長太刀の一手に 「夢の枕」 がある。

b0287744_15551318.jpg

他流でも時折見かける形名であるが、ほとんどの場合は柔術である。

信州伝無双直伝流和の 「夢の枕」 は捕が腕枕で寝ているときに受が切りつけようと小太刀を構える場面から形が始まり、これは水月塾が復元して、松代藩文武学校の演武会でも公開している。

しかし、剣術(薙刀か)における 「夢の枕」 の想定がわからない。
柔術と同じく寝ているところを襲われる場面なのだろうか。
刀は寝ていても、手が届く場所に置いてあるか、隠してあるかのどちらかであるから、形として考えられないことはないけれど、そんな形はいままで剣術で見たことはない。






(完)
by japanbujutsu | 2017-12-27 17:43 | 技法研究の部屋 Skill
形の変容

これまで形の変容、すなわち相伝者によって形が異なる現象について何回か述べてきた。
同じ稽古場で同じ形をやっても皆違ったことをしているという珍現象も少なくない。
その理由は、

1 師匠に師事していた時期と年数の違い
2 武術に対するセンスの差
3 体格、体質の相違

大体、以上の3つに集約されるであろう。
1については、師範といえども人間、教える時代、時期によって形に相違が生じるということ。
2については、習う人間の修学能力によるもの。
3については、先天性のもの。

この中で、一番問題なのは2の理由によるもの。
同じ形や技を教えても、まったく下手で教えたとおりにできない者、すぐに要点を把握してほぼ教えたとおりに習得できる者などの差が出てしまう。
困ったことに、下手な本人は、自分のどこが間違っているのかを、自分でわかっていないということ。だから、直しようがないのである。

たとえば関口流抜刀を例にとると、下の青木先師の抜き付けスタイルと同じスタイルで抜いているのは、日本全国の関口流修行者の中で、筆者だけである。

b0287744_20374856.jpg

筆者と同門の人たちでさえもこれとは違うやり方になってしまっている。
しかし、これまた困ったことに、だれもが「自分が正しい」という。
酷い場合には、相伝者の中にだれも正しい形を行っている者がいない場合もある。

しかし、武術の場合、違っていると指摘してやっても、多くの者が聞く耳を持たないため、親切が逆に対立を生んだりする。
だから人は、お互いに指摘し合うことをしない。

こんなことをしていたら日本の武術は滅んでいくだけ。
救いの道はないのだろうか。





(完)
by japanbujutsu | 2017-12-20 20:38 | 技法研究の部屋 Skill
肘当ての活法

かつて北信一帯に塚原卜伝流の柔術が伝承されていた。

その柔術では活法に肘当てを用いるという。
随分と荒っぽい活法である。
気絶者を俯せに寝かせて施術するのだろう。
当てる急所(活点)は「七九」(シッチク)のつぼ。

b0287744_21542667.jpg

日本柔術においてはかなり普遍的に用いられる活点である。
筆者が伝承する流儀では、この活点に蹴りを入れて蘇生させる。
活法もいろいろある。

ちなみに伝書の左に立っているのは塚原大明神である。





(完)
by japanbujutsu | 2017-12-15 21:56 | 技法研究の部屋 Skill
技法「ためる」

昨日は支部長クラスが参加する今年最後の伝達講習会となった。

水月塾制定柔術 (甲陽水月流) の奥伝を主として稽古した。
奥伝の形の特徴として 「腕逆」 の取り方と 「ためる」 技法がある。

この 「ためる」 技法は表の腕逆と締めを同時に掛ける楊心流のオリジナル技法であり、締めは襟締めと手締めがある。

写真は 「手締め」 による極めの部分。

b0287744_20441551.jpg

水月塾制定柔術にはすべての形に共通するいくつかの重要な原則があり、それらを考えずに自然に身体が応じるまで稽古を積む必要がある。

柔術はあらゆる武術の基幹をなすものであり、すべての古流修行者に稽古を勧めるものである。
実際に技の効力・可否を体験、実証できる武術は柔術以外にないのだから。
はっきり言って、柔術の稽古は 「痛い」 し 「怖い」。





(完)
by japanbujutsu | 2017-12-11 20:49 | 技法研究の部屋 Skill
門を破るー入身ー

敵が長柄の道具を持っている場合、その道具の操作をさせないためには我が入身をする必要がある。

新陰流の極意「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」とはそのことを説いている。
あるいは武術では「勝つための極意は相打ちの覚悟にあり」とも説いている。
これらはすべて入身の大事を説いている。

柔術でも敵に第二の攻撃をさせないために、敵が第一の攻撃を仕掛けてきたとき、身を捨てる覚悟で敵の下に入身するのを極意としている。

しかし、その入身にもしっかりとそれを遂行するための、「敵の門を破る口伝」が各流派にある。
敵はその得物によって、あるいは自ら技を仕掛けることによって、自らの門を護っているのである。
だからこそ、我はその門を突破する技術を必要とする。

それが「入身」。
武術では群を抜いて難しい技術である。
よくよく工夫をされたい。

写真は柳生志限流柔拳法の門破り入身の技。

b0287744_1982281.jpg








(完)
by japanbujutsu | 2017-08-29 19:08 | 技法研究の部屋 Skill

by japanbujutsu