ブログトップ

国際水月塾武術協会 International Suigetsujuku Bujutsu Association

japanbujut.exblog.jp

本会が伝承している武術流派と古武道全般の技法・歴史・文化などを解説します。文章・記事・写真の転載は固く禁止します。

誤った伝承

武術が長年にわたって代々継承されていくうちに変容・変質していくことは致し方ないことである。
それは伝承する者の体格であったり (師匠と弟子の体格が極端に異なると、そのままそっくりの体動は再現できない)、修行期間であったり、伝承能力であったりということに起因する。

しかし、そうした状況下にあっても武術の大原則というものは絶対に墨守していかなければならない。
その大原則が失われた例として、

○手裏剣を打つときに野球の右投げと同じように左足前で打つこと。
○長柄の道具を使う時に前足の爪先が前を向いていないこと。

などがあり、このような致命的な誤伝が各流各派で散見されるのが現状である。
大原則だけは絶対に崩してはならない。

槍術は宝蔵院流を伝え、柔術・手裏剣は制剛心照流を伝えた山口喜一氏の写真を見ると、槍の足も手裏剣の足も正しく使われていることが一目瞭然である。

b0287744_213215.jpg


b0287744_21319100.jpg







(完)
# by japanbujutsu | 2018-05-10 17:52 | 技法研究の部屋 Skill
後ろ足の踵

正統古流の姿勢・技法で絶対にやってはいけないことの一つ。

その一つが居合の場合に斬りつけ時や納刀時において後足の踵が浮くこと。

b0287744_20351114.jpg


これは古流ではタブーである。

居合は剣道と兼修する者が多いので 「撞木足」 を苦手とする者が多い。

そもそも後足の爪先が前を向くこと自体、古流ではありえないのである。
地 (床) から力 (エネルギー) を得ることが不可能となるために、下丹田に力が入らない。
さらに足の重要な指使いができない。
その他、欠点だらけの足使いになってしまう。

それがスポーツならば何も言わないが、「武道」 を標榜するのであれば、それはとんだ見当違いであろう。

現代制定居合と古流居合を兼修するのは両者にとって大なる弊害である。






(完)
# by japanbujutsu | 2018-05-10 17:20 | 技法研究の部屋 Skill
鉢巻と襷

古流の稽古を着物で行っていた時代、襷は必需品であった。
特に武術用の「稽古着」がなかった時代、稽古も平服で行うので、邪魔になる袖は襷で取る必要があった。
写真は大正時代に隆盛し、現在筆者が継承している中澤流護身術の稽古着である。

b0287744_18282054.jpg


筆者が伝える仙台藩伝の浅山一伝流柔術では演武に際して鉢巻を締め、襷を掛け、袴の股立を取る。
同じ仙台藩角田伝柳剛流では剣術と突杖では袴の股立を取り、居合では襷を掛けることになっている。

ところが、最近の演武ではこれらの伝統的スタイルが失われ、省略してしまうのは何とも遺憾である。

柔術でも演武であれば、稽古と同じ柔道着では行わず、着物で演武したいものである。
稽古と演武は差別化しなければいけない。





(完)
# by japanbujutsu | 2018-05-08 18:31 | 武術論考の部屋 Study
第33回富士北口諏訪明神社奉納演武会

日本柔術甲陽水月流

b0287744_8265620.jpg

渋川一流柔術

b0287744_8271023.jpg

柳剛流居合

b0287744_8272711.jpg

力信流剣術

b0287744_8274423.jpg

力信流棒術

b0287744_828021.jpg

神道無念流立居合

b0287744_8282517.jpg

関口流抜刀

b0287744_8284060.jpg

柳剛流剣術

b0287744_8285486.jpg

新免二刀流剣術

b0287744_829819.jpg

天道流杖術

b0287744_829254.jpg

天道流鎖鎌

b0287744_8294325.jpg

穴澤流薙刀

b0287744_830721.jpg

柳剛流長刀

b0287744_8303330.jpg






(完)
# by japanbujutsu | 2018-05-06 08:30 | 演武会・講習会 Seminar
足袋のこと

筆者の主催するISBAでは武術の稽古時、足袋をはくことをすすめている。
色足袋でもいいが、できれば白足袋の方がいい。
稽古場は神聖な場所であり、身なりは清潔が第一である。
しかし、スポーツ化した武道の 「練習」 ( 「稽古」 ではない) が普遍化してしまい、それらの学校武道、少年武道、競技武道では弓道を除いて足袋を着用しない。

武家の生活において足袋は不可欠な必需品である。
特に、城内や武家屋敷では足袋は畳を汚さないために絶対的に必要であり、しかも汚れていないことを条件とするため決まって白足袋を着用する。

武家の稽古事に足袋は必需品である。
江戸時代に影山流居合を相伝している天野菊之助古弘は必ず稽古時には白足袋を着けた。

b0287744_049499.jpg


無知無教養な輩は 「白足袋は死に装束だから男は着用しない」 などと己の無知を開陳しているが、まったく有識故実を学んだことのない者の取るに足らない見解である。

現在の柔道で使っているビニール畳は裸足でもいいが、正式な畳表を使った稽古場では足袋は必需品である。
足袋の着用には、重要な足遣いを体得するための数々の口伝がある。





(完)
# by japanbujutsu | 2018-05-03 00:50 | 武術論考の部屋 Study

by japanbujutsu